2010-05-31

六本木香和

先日行って来たのですが、思ったより凄く良かったです。
舞台装置が本格的で!いやぁ、見応え十分でした。
料理はそこそこ。。。まぁ、そこは。
六本木で行く所無ければ、面白いですよー。

2010-05-25

一兎を追うは易し、男子たるものただ二兎追うべしなり

この言葉、何かの雑誌か漫画で読んだのですが、非常に感銘しました。
(正確では無いかもしれませんが)
また、二兎を追う者は三兎を得る、と言うのもありかと。(2度あることは3度ある、ですね)

集中と言うのは大事だとは思いますが、集中ってのにも効率的に集中しないと意味が無いんですよね。
例えば、もともとの話ではただ単純に追いかけて捕まえるには、一兎づつ追わないと二兎は同時には追えない、ってことだと思いますが。
それってでも例えば仕掛けを複数作って沢山追うことで、一日に何匹も捕まえられるかも知れませんよね?そうすると二兎どころか、十も二十も捕まえられるわけで。
ただ頭を使わず追い回すんじゃ無くて、網を張っておいてそこに追い込むとか。

一兎を追うなんて簡単じゃん!そりゃ全部欲張ってしまっちゃえば良いでしょ!
仕事とプライベートのバランスとか言わずにどっちも目一杯楽しめば良いじゃん!
と、思うのです。

 「一兎を追うは易し、男子たるものただ二兎追うべしなり!」

まぁ、男でも女でも、とにかく理想は高く持って、何かをする為に何かを諦めるのでは無く、
先ずは両方出来ないか考えてみましょうよ!って思います。

2010-05-23

回転映像

時計回りに見える人は右脳派、半時計回りに見える人は左脳派って有名な映像があります。

これ僕は時計回りにしか見えなくて、どうしても半時計回りに見えなかったのですが、
ここに解説映像がありました。すげぇぇぇ!!!本当だったんだぁー!

いやぁ、目から鱗です。これを元の映像だけみて、時計回り半時計回りに見える訓練をしてみました!
出来るようになるもんです。

ちなみに、昨日ゴルフに行って来ました。特に練習した訳では無いですが調子良く、109で、ベスト+1でした。しかし、ベスト更新なるか!?ってパットを外してしまい。。。精神力の弱さを露呈です。
アプローチがなぁ。

2010-05-20

Google Apps で Google Wave を有効にする方法の紹介

とうとう、あの Google Wave が Google Apps でも使用可能になりました。

http://googleappsupdates.blogspot.com/2010/05/google-wave-labs-available-for-google.html

ここでは、管理画面で Google Wave を有効にする方法をご紹介いたします。

まず、管理画面を開き、メニューバーから「ドメインの設定」をクリックします。



次に、画面に下の方にあるコントロールパネルの「拡張版」にチェックを入れ、「変更を保存」をクリックします。


ダッシュボードに戻り、「Add more services」をクリックします。


Google Wave Lab の「add it now」をクリックします。


Google Wave がまだLab機能の段階である事の注意点が表示されますので
一通り読んだ上で、「Yes, enable Google Wave」をクリックします。

これで有効化に関しては完了です。
有効化した後は、管理画面を日本語表示に戻しても問題ありません。


管理画面の「ダッシュボード」に戻ると「Google Wave」が追加されているのが確認できるはずです。


さらに詳細な設定をするには、
この画面から、「Google Wave」をクリックします。


詳細な設定画面では、
「URLの変更」
「ドメイン外のユーザーと使用可能にするかどうか」
「アップデート情報をメールで受け取るかどうか」
を選択できるようです。

2010-05-13

徳島ヴォルティスホームゲームチケットプレゼント企画

鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムにて行われる
徳島ヴォルティスのホームゲーム試合(前期分)で有効な招待券を 7組14名様にプレゼントします。

ご希望の方は、弊社ホームページをご覧ください。
http://www.yoshidumi.com/

一昨年より徳島ヴォルティスへの協賛を行ってまいりましたが、
今年は手続きの遅れがあり、この時期の告知となってしまいました。
前半戦も残すところ7試合。そのうち3試合のホームゲームチケットとなっております。
後半戦につきましては、7月頃に再度、プレゼント企画を行う予定でおります。
そちらも楽しみにして頂けると幸いです。

皆さんの声援を、徳島ヴォルティスに届けましょう!
ご応募お待ちしております。

2010-05-02

イノベーションとは

久しぶりの更新です。
最近、歓送迎会などで体調不良になっており。こんなことではイカンので体を鍛えねばと思いました。

さて、先日田原さんの朝生なのかな?で、流行の誰が龍馬か?とかのテーマで日本を盛り上げるには?と言ったトーンで議論がされてました。面白かったので結構見てしまいました。
まぁ、誰が龍馬かとかはどうでも良いのですが、その中で気になったポイントととしては、

1.(大繰りにしてしまうと)年寄りの方?は、金融政策でインフレにするのが必要。
2.(同じく)若手の人達はイノベーションが必要

と言う議論になっていたように思います。で、結局いずれも相容れない感じに。。。
田原さん今一つ纏め切れず-。って感じ。

1については金融庁が失策を認めて早く金を刷れ、2については基本的に教育の問題では無いか?
で、いずれにも共通してた意見としては、規制を無くしなさい。と言う話。と、日本は足を引っ張る文化があるから、イノベーションが生まれにくい(≒夢を持つ若者が生まれにくい)。
ぶっちゃけ結局全部必要だと思いますよね。
(ただ、足を引っ張る文化は日本人の美徳に根ざしてる気がして難しいかなぁ、と言う気がするんですよね。。。)

後、もう一つなるほどと思ったのが、この議論とは別で見付けた、池田信夫さんの言葉

イノベーションを大昔に「技術革新」と訳してしまったのが間違いの元凶。(中略)
イノベーションはアート(技法)。

と言う言葉。確かに-、と思った。
イノベーションって技術革新って話では全然無いですよね。
論理の積み重ねでは無く、何か飛躍して、現状を打破する思い(Web2.0とか?)なり、やり方とかも含むんですよね。
僕は完全に理系人間ですが、文系人間にも頑張って欲しいと思うのでした。

さて、弊社も技術に限らず何かイノベーションを起こしたいと想います。
そのためにも特に若い人に夢のある仕事を提供したいです。