2012-08-29

グーグルのクラウドリソースサービスについて


ずいぶーん、久しぶりの投稿になってしまいました。
暑すぎですね、最近。

さて、本当はGoogleI/Oに行った直後に書きたかったのですが、今更ながら充実してきたGoogleのクラウドリソース周りのサービスについてI/Oでのヒアリング等含めた所感を整理しておきます。

それぞれについて今後もう少し評価出来ればなぁと思っております。


・Google Apps Engine
もうあまり解説不要かも知れませんが、既に正式リリースからもうすぐまる1年となる、スクラッチ開発用のシステム基盤です。
ミドルウェア層まで提供されるため、開発者及び保守担当者はプログラムロジック部分のみに
注力出来、システムのTCOを大幅に下げる見込みがあると考えております。
また、スケーラビリティにも非常に優れており、利用量に変動のあるシステムにも最適。
災害対策もバッチリというものです。
唯一問題は、開発の難易度が高い(JavaやPythonを利用可能だが、癖が少しある)、
故に移植性も高く無い。という点でしょうか。
弊社ではこの開発難易度を下げるための工夫やノウハウを抱負に蓄積しております。

Google Cloud SQL
参考記事:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1110/07/news034.html
一言で言うと、GAEから利用可能なMySQLです。
上記のGAEにおける開発難易度の高さの大部分はデータアクセス層がJDOになっておるためなのですが、
その部分をMySQLにすることで既存システムの移行や既存の開発手法の流用を容易にするものです。
但し、GAEにおける優位性であるスケーラビリティは通常のものになります。
それ程スケーラビリティは必要無いし、既存の資産を流用したいと言う場合には良いかと思います。

Google Cloud Strage
参考記事:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1110/12/news061.html
こちらは、Amazonで言う所のS3とほぼ同等のサービスです。
クラウド上のNASですね。APIを経由した出し入れが可能です。
但し、GoogleDriveとの位置づけの切り分けについてはGoogle内でも混乱しているようで、
少し様子見かなぁと思っています。

Google Compute Engine
参考記事:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1206/29/news032.html
こちらも、Amazonで言うところのEC2と同じで、仮想マシン提供サービスです。
後発ですが、特に目立った改善点等は今のところ見受けられません。
GoogleI/Oで担当者は一応性能・価格比は自信があるとのことでしたが。
果たしてどうでしょうか?今後評価してみたい所です。

Google BigQuery
参考記事:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1205/02/news046.html
こちらは全く新しいサービスに思います。
既存のOLAPツールのようにメッシュに応じたキューブを事前に設計するのでは無く、
どんなクエリでもフルスキャン(全文検索を力技で行う)を毎回走らせると言う、
めちゃめちゃ男らしく潔い方針です。確かにクラウドならでは。
この方針には軽く感動を覚えました。
それでいて既存のOLAPツールと変わらない性能を出せていると思いますので、非常に面白いです。
是非素敵な活用方法で提案出来ると良いなぁと思います。

以上、簡単な一言解説でした。

弊社の今後の活用・提案方針としては、GAEをメインに据え、移植等の場合にはCloudSQLを併用しつつ、GAEで賄えない特殊な移植の場合はComputeEngineを利用し、Bigデータ活用の場合には是非BigQueryを。
CloudStorageについてはDriveとの棲み分けについて今後要検討、という所です。

もちろん、EC2では無くComputeEngineに既存パッケージを載せて運用して欲しいと言うニーズがあれば対応しますが、今のところそんなニーズも意味も無いでしょう^^;