2013-10-07

開発案件失注


先日、RFIの提示から約1ヶ月に渡り提案活動をして来た案件の失注が確定しました。
ブライダル業界の案件で、結婚したこと無いのでブライダル業界本を2,3冊読み込んで、
それなりに力を入れて取り組んだ案件だったので非常に残念です。

自分で直接お客様にヒアリングした上で自分で提案して負けたのは記憶にある限り初めてのことなので、その辺りも若干ショックでしたねー。
数すくないけど負けたこと無い、ってのは自慢だったので。
その反省も含めて記載しておこうかなと思いました。

RFI上は、以下のように読み取れました。
-業務理解が第一である
-実現性が無いとダメ
-同等の実現範囲の場合は価格が決めてになる

結論としては、価格が高い、ことがネックになりさっくり落とされてしまった感じです。
GoogleApps+GAEでの非常に先進的な提案だった点は評価頂いたのですが。
この優先度を鵜呑みにしてしまったのが間違いだった、と。

やはり予算枠はあるわけで。何でもかんでも実現すれば良いということでは無いですよね、と。
まぁそりゃそうなんですが、今回はそこが少し気になったので、要件定義をしっかりやりたいという提案で良いか事前に確認したのですが、、、、
予算感もちゃんと確認しておけば良かったです。そこに向けてある程度前提事項を調整しないとダメだったなぁ、と。全然ずれた提案になってしまっていたと言うことのようで。
まぁでもオープンソースのパッケージをベースにしたカスタマイズってのと比べるとさすがに費用では勝てないわなぁ。。。

いやぁ、残念でした。ご協力頂いた皆様ありがとうございました。
また、採用された方のシステムが無事完成することをお祈りしております。

次回以降の反省として。