2014-10-23

ポジティブとネガティブと楽観的と悲観的


久しぶりにGCPとか関係無い話します。珍しく長文です。

最近、半期面談祭りをやってます。
弊社では半期に一度、社員が希望する人と面談出来る機会を設けてます。
或る程度フランクにもしたいので、一緒に食事に行ったりして話し込んだりします。

やっぱり皆いろんなことを考えてて、いろんな話が出来るので非常に良い機会になります。
最近、表記の話が面白かったし、自分としても考えさせられたので書いてみます。

ポジティブシンキングとか、ネガティブシンキングとかって言葉あると思いますが。

ポジティブと楽観的って同じ意味で使ってないですか?


先日、話をしてふと思ったのですが、全然違うんですよね。


例えば、事業をやる上で言われることとしては、


「ポジティブ(肯定的)に計画して、悲観的に実施せよ」


ってのは絶対格言としてどっかにあると思うんですよね。いや、聞いたことがあるかどうかは別として、誰か絶対言ってる筈!ってレベルで。僕としては。

ポジティブに考えないと、まず事業とか、新しいことって始まらないです。
でも、楽観的に考えてると事業とか、物事って絶対失敗します。

そういう意味では、一応9年事業をやって来てる自分としては。
自分はパッと見では、楽観的と見られることが多いように思いますが、実は内面的には非常に悲観的な部分があると思います。

当然自分の仕事に関しては絶対の自信を持ってお出ししますが、常にダメかも、失敗するかも、問題があるかも、というのは繰り返し自分に問うてそれでも大丈夫と思ってから出します。ただ、そのサイクルは非常に短いし周りから見ると考えてるのかよ?と思うような感じかも知れませんが、あまりに繰り返しやり過ぎてるので、おそらく非常に高速に結論が出るようになってしまっているのだと思います。
自信を持って出すには、そこにNGを出されるようなことには耐えられないので、その分の準備は絶対的にやるような性質を身につけているように自分では思います。

事業を9年やれてるからこうだと言うのはおこがましいですが、やっぱり楽観的に考える性質でやってくというのは相当無理があるように思います。
逆にポジティブシンキングでは無いと、事業は始められて無いです。


じゃぁ、ポジティブ(ネガティブ)と楽観的(悲観的)とかの違いって何?って話ですが。
これもこの機会に考えて見ました。
自分なりの考えですが。

ポジティブと楽観的ってでも全然違うんですよね。これ、語尾とかを繋げてみると分かるのかなと思ってやってみると。

肯定的な意見はありますが、楽観的意見、って無いですよね。
楽観的って感情論ですよね。あまり深く考えて無いっていうか。

ポジティブ【ネガティブ】(に) → 考える
楽観的【悲観的】(に) → 感じる

でないかな、と。
ポジティブと楽観的とかの違いって、自分の意見(見方)なのか、感情なのか、の違いじゃ無いかなと。

ポジティブに考える・捉える、ってのはその事象・人・物の、良い面を捉えるというか、過大評価する、ということなのだと思うんですよね。そのマイナス面と比べて。そこには絶対的に自分の指標というか、考えが入ってて、マイナス面との比較をして、判断している、と。
逆に楽観的に感じるとかってのは、あんまり考えて無くて、感じるがままに、ということかなと思うんです。ポワッと、リスクとかはあまり意識してなくて、良い面しかそもそも感じてないというか。。。

悲観的に考えるってあまりしないと思うのですが、どうなんでしょ?これは僕だけなのかも。悲観するって、感情論でしか無い気がするので。ネガティブシンキングは分かりますが。

ネガティブに(頭では)考え・判断して、あまり良く無いかもと思いながら、でも実際はどうせ成功するだろう!みたいな感じで始めた事業、成功する訳無いですよね?

これ、本当にもったいない。事業だろうが、プロジェクトだろうが、もっと小さい習い事とか、何でも一緒だと思うんだけど。やったら楽しいに違い無い!と判断して期待しながらやって、でも失敗するかもと心配しながらやることで成功率を上げる。結果うまくイッた方が皆絶対幸せなので。
肯定的に考えて始めた企画を悲観的に感じて、必要なフォロー、成功に必要なことをする。というのが絶対的に良い筈なんです。

で、これって恐らく、僕のようにもともとそういう考えの人以外は、プロセスのどっかでシフトチェンジする必要があって、計画段階ではポジティブに考えつつ、実行段階では悲観的に考える必要があるのだろうと思います。

なのですごく難しいことかも知れませんが、みんなが是非そういう考えになってくれると世の中色々良くなるんでないかなぁ、と思います。言い過ぎですかね?


最後に、こんな話をすること自体は絶対的に肯定的に考えてますが、
こんな拙い文章で伝わったのかどうかを考えると非常に悲観的になっている自分が居ます。。。


「ポジティブ(肯定的)に計画して、悲観的に実施せよ」