2015-08-27

クラウド化の状況と今後

久しぶりに書いてみようと思う。

最近皆周りが結婚してしまっているので、一人で飲みに行くことも多くて、
新宿の「番番」とか、一人で行ったりするのですがいい感じ。
糖質オフで、3000円でベロベロ+幸せになれる。結構希有な存在です。
全然関係無いですが。。

さて、ここ最近は仕事としていろんな所を飛び回っておりまして、社員からは冷たい目で見られてたりしますが。。。
とにかくGCP自体を広めなきゃイカンと言うことで色々やってるつもりであります。
月一では最低GCPUGのイベントでしゃべったりしてますね。
GCPUGは盛り上がって来てるのでこれを継続してやって行きたいです。来年は大きなイベントが出来ればなぁ、と。

昨今はもうクラウドにしますと言って、セキュリティ云々はあまり言われなくなって来たように思います。昨年来のShellShockやらHeartBleedやらを経験し、対応にメチャ時間と手間(コスト)がかかることと、良くみるとクラウドの方がセキュアじゃん?て言う認識がかなり広まってきたような印象を受けてます。
ただ、とは言えAWS一辺倒でGCPにはなかなか来てくれないのかなぁ、と言う印象もあります。
どうしていくのが、GCP及びクラウド業界全般に取って良いことなのか、という風な所を考えるようになって来てます。

というか、そもそも、ですが、将来的には(ほぼ)全部クラウドになるので。
そこだけは揺るがないんですよね。
未だにサーバ買う人居るの?と言う世界にほぼなって来てる。

そこでどう存在感を出すのか?だいたい、クラウドベンダの主戦場も普通にIaaSはもうあまり議論になってなくて、後は価格が一定量づつ下がっていくのかどうか?くらいで。一般に言われている非機能要件としての性能に関してはもうオンプレでは太刀打ち出来ないレベルで洗練されてしまい、これ以上語る部分がほぼ無いレベルに達してしまっている。
主戦場は今はML(機械学習)なのかなと思う。これをどううまく活用してビジネスにつなげていくのか?を考えて実践する会社が今後伸びる会社なんだろうなぁ、と。
クラウド化に二の足を踏んでる企業は2周遅れ位の感覚ですね。
MLについてはでもウチもあまり手を打てて無いので、これからちょっと考えて行きたいなと思ってます。Googleがまぁ年末位には新しいMLのサービスを出してくれるんでしょう、と期待しつつ。