2016-05-11

他の追随を許さない5つのGCPの優位性

本文章は、5 Unique Features Of Google Compute Engine That No IaaS Provider Could Matchの要約・まとめです。

5つの点において、他のIaaSベンダでは追従出来ないGCEの強みについて書かれています。

圧倒的に違う5つというのは
1.サステインユースディスカウント
2.プリエンプティブルVM
3.カスタムVMサイズ
4.オンラインディスクリサイズ
5.シェアードストレージ

の5点のようです。
1年半前に私が超約した「AWSよりGoogle Compute Engineを選びたくなる10の理由」からすると5だけが被っている感じですね。他の4つについてはこの2015年以降に追加された機能なので仕方ない点もあるでしょう。でも他も今でも当てはまる強みの部分は多いのですが。それについてはまた。

では、それぞれ見て行きましょう。

1.サステインユースディスカウント(Sustained use discount)
GoogleのCompute Engine(IaaS)は、月間の利用時間に応じて割引されます。AWSでは事前にコミットして前払金を支払うことで安くなる仕組みがあったり、AWSでは12ヶ月コミットすると5%割引するようですが。Googleは事前のコミットは必要無く、月間の利用時間が長くなれば長くなるほど単価が安くなる、という仕組みを取ってます。
上記のような形で最終的に1ヶ月まるまる使うと30%オフになるという形です。
クラウドの良さを最も活かすためにはやはり事前コミット等で縛られるのでは無いでしょうというのがGoogleの主張しているところです。これは基本的な投資との関係になるので、そう簡単に他のクラウド会社が追随出来ることでは無いのでしょう。

価格の詳細はGCEのPricingページを参照ください。


2.プリエンプティブルVM(Preemptible VM)
次に凄いのはプリエンプティブルVMです。これもサステインユースディスカウントと同じ考え方で、利用率を最大化するためのものです。
Amazonは2009年にスポットインスタンスというのをリリースしました。これは、需要と供給に応じて自動的に価格が決まるというもので、単価を指定して入札してサーバを起動し、需要が増えて指定した単価を供給価格が上回ると自動的に停止する、というものです。その場合再度起動しようとすると価格を上げないと起動しません。
GoogleのプリエンプティブルVMも停止される点については同じですが、Google都合で突然停止する可能性があるのと24時間以上は起動し続けないという点を了承するだけで70%引きでサーバを利用出来るというものです。要は1000円の単価のサーバを300円で使えるということです。
EC2との違いは何かというと、EC2は入札価格を常に意識して管理・対応する必要があるということです。常に変わる供給価格に対して、入札価格をいくらにすることで安定的に処理が継続出来るのか、それを意識する必要があります。Googleでは固定価格なので、その点が大きく違います。Googleの方が一般的な利用としては利用しやすいのでは無いでしょうか。


3.カスタムVMサイズ
オンプレミスからクラウドに移行するときに必要な作業として、どのインスタンスタイプを使うのか、というのが非常に面倒な作業としてあります。Amazonでは40以上のインスタンスタイプが6つのファミリーに区分されており、この中からフィットするインスタンスタイプを選ぶのは非常に手間がかかりますし、そのガイドは非常にプアなものです。
Azureも同様で29インスタンスが4つのカテゴリに分かれてます。どれが良いのかわからない。

Googleでは1-32コアのCPUに対して、1コアあたり最大6.5GBのメモリを割り当てる設定を個別に行うことが可能です。必要なリソースを必要なだけ指定してサーバインスタンスを立ち上げることが出来るのです。
IBMのSoftlayerを除くと他にカスタムVMを提供しているベンダはありません。1のサステインユース割引や2のプリエンプティブルVMと組み合わせて使うことで非常に高い顧客満足を与えられることでしょう。

4.オンラインディスクリサイズ
次にディスクの特徴についてです。クラウドのメリットとしてはやはりスケールを素早く変更出来ることがあります。VMについても追加のサーバを立ち上げるのも落とすのも一瞬ですしコストは使っている分だけです。ただ、CPUやメモリの追加等は再起動が必要です。
ディスクのストレージについても柔軟に変更は可能ですが、やはり落として再起動する必要があります。
しかし、これは私も驚いたのですが、GCEのPersistentディスクはオンラインでサイズ拡張が可能です。これはスナップショットを取ってバックアップしたり、ディスクを追加でアタッチしたりという作業では無く、リサイズコマンド一発です。あとはOSレベルでの拡張等は必要なのですが、非常に簡単です。私が書いた記事がありますので、是非そちらを参考に試してみて頂ければと思います。
これは全く凄い技術で他のクラウドプロバイダでは提供出来ないものです。

5.シェアードストレージ
これは1年半前に書いた記事の時からある利点なのですが、GoogleのPersistentディスクは上記のようにオンラインでリサイズ出来ることだけでも凄いのですが、複数のインスタンスでアタッチ・マウントすることが可能です。残念ながら現時点では読み込み専用の場合のみですが。
AWSとAzureには共有ファイルサービスがありますが、これは性能的に満足の行くものではありません。
GCEでは読み込み専用でもオンプレで今まで出来ていたいろいろなことが便利に実現出来ることでしょう。例えば、大規模なデータを事前にロードした状態で複数のVMに一度に展開出来る点です。
読み書き可能なディスクとしては、GoogleがGlusterFileSystemをGCEに持ち込むためにRedhatと協業してますので、こちらを実装することでNFSのような高速共有ファイルサーバは実現可能です。

以上、他のクラウドベンダに追随を許さない5つのGCPの優位性を簡単にまとめて見ました。
Googleクラウドは今年東京リージョンのオープンを控え、上り調子です。GCPの導入実績No1のクラウドエースに是非ご相談ください。

IT Expo2016春の会場にて。



2016-04-21

第三者機関がGoogleを圧勝でベストクラウドと判定(AWSは2位)



フランスの会社で、JDN/CloudScreener/Cedexisが行ったクラウドベンチマークをグローバルな企業に絞った形で整理しなおしたものだそうで、Business Insider というサイトで取り上げられてました。
全体としては以下のような内容で、Googleが85ポイントで首位です。2位のAWSとは11ポイントと1割以上差があり、3位と2位が2ポイント差なので圧勝と言って良いレベルでしょう。

出典:Business Insider(http://www.businessinsider.com/organization-ranks-google-as-best-cloud-2016-4)

価格、パフォーマンス、サービスレベルの3つの観点から比較した総合のようですが、Googleは価格において他を圧倒したようです。3つ全てが3位入りしたことも評価されます。
ついに、AWSを抜き去る日が来ました!


これ、少しリンク先とかもよく見ると、JDNというニュースサイトにもう少し細かいデータがフランス語ですが、見て取ることが出来ます。
なんかここの評価ではGoogleが1位ではあるのですが、どうも少し違うように見えます。
しかもOVHとかよく知らないのが2位にいます。どうもSLA99.99とか、性能もGoogleより上だったり、凄そうですがフランス国内のサービスのようです。
価格についてもこちらのサイトの方を見るとGoogleは3位だったりして。性能と価格が分離されているとそういうことが起こるのだろうか、という感じです。でもOVHは価格も性能もGoogleより上に居るようです。凄い。

JDNのサイト上にサービスの比較資料が公開されてたのでそれも参考までに。見てみると良いでしょう。
出典:JDN (http://www.journaldunet.com/solutions/cloud-computing/1167190-comparatif-cloud/)

OVH、結構凄いけどFranceと北米だけでのサービスの模様。SoftlayerはSLA低すぎるだろうという印象。なぜ3位に入れるのか。。。足切りでしょ。99.9無いって。









2016-04-01

GCP Next 2016 行って来ました!日本リージョン発表!



GCP Next 2016に参加して来ました。サンフランシスコのPier48という倉庫で開催された初のGCPの本格的イベントです。
その前々週にはTeamWorkというGoogleのイベントでまたラスベガスに行ってたので、時差ボケやら羽田と成田を間違えたりやらで大変でした。
そんな話はさておき。

GCP NextはこれまでGoogle I/Oという形で開発者向けの発表会の中で一緒にやってた所が、ちょっと層が違うよね(インフラエンジニアとアプリエンジニア)ということで別に分けたイベントにしようと言うことで昨年軽く小さめに初めて、今年大規模に世界中から集めて始めたものです。

大きなポイントは3つです。

1.本気の展開
2.日本!日本!日本!データセンター
3.機械学習と大規模データ


会場入ってすぐの様子
エキスパートに聞け!とかトレーニング用の端末とかが奥にあったりしました。

1.本気の展開

VMWareの創設メンバであるDiane Greeneを連れて来てもちろん喋ったり、突然Alphabet会長のEric Schmidtが登場してカンペを見ながらも惹きつける話をしたり。(多分直前まで予定が決まらずスケジュールに入れられなかったのかな)それらから伺えるのはとにかくクラウドに本気だ、ということ。Alphabetとしての昨年の投資額は100億ドルを超えると言われ、更に今年も2割増しでそのほとんどがデータセンターへの投資ということだそうで。
Googleは本気で広告の会社からクラウドの会社になろうとしている。我々もGoogleが世界No1クラウドになることを信じて進みたいと思います。


2.日本!日本!日本!データセンター

上記、本気でなると言う証拠の手始めに、データセンタ展開計画が出てきた。
まずはなんといっても待望の日本リージョン!もうすぐβが使えるようになるようだ。夏には正式オープンするということなので、非常に期待している。オレゴンも同時に。
さらに本気の証拠に10以上が来年に掛けて順次オープンして行くらしい。追い切れないし使い切れない。うちは日本があればそれで幸せ。大阪もまぁあってもいいかもね。とにかくGAEを持ってきてくれとお願いして来た。
また、データセンタの内部を公開する動画が出てきた。これは非常に楽しいのでぜひ見て欲しい。

これらからも分かりますが、このレベルの設備をセキュアに運用するノウハウと規模はもう個別にやってくのは無理だと思いますよね。
まず、本格的にクラウドベンダ化を進めて行く上で、ベースとなるデータセンタには非常に投資をしている。データセンタからいちから設計・開発しているベンダは他に無いでしょう。

3.機械学習と大規模データ


基本的にGoogleは我々にインフラを意識しないで開発して欲しいと思っているようです。
その中で新たに機械学習のSpeech APIやGoogle Brain等新しい基本となるサービスを開発者に提供して来てます。大規模データの処理にも悩まなくて良い、と。普通に皆が必要とする箇所は全てGoogleがやってくれて、イノベーティブな部分だけをやってくれと。そういった各種Bigデータ処理の基盤やらが整ったのでさぁ使ってくれと。我々はこれをいち早く使いこなし、自分たちのアプリを展開しつつ、同じような人たちのお手伝いをしていこうと思います。


最後に

実は、まぁ大体の内容は事前に色々な所で聞いてしまっており、新しい内容はほぼ無かったです。今更そこ言う?みたいな基本的な話も数多くありました。が、GCP Next2016はGoogleがクラウドに本気で乗り出してるんだよ、と言う最初のフェーズとして、改めて強みを整理して正式に発表しなおした。という所かなと思います。

GoogleのGCPにかける本気具合が垣間見れましたので、これから日本で盛大にGCPを盛り上げて行きたいと思います。


最後、おまけですが、一日目終了時のパーティの様子の写真です。











2016-01-02

新年の抱負2016


昨年も当社とお付き合い、ご協力頂いた皆様誠にありがとうございました。
昨年のざっくりとした振り返りとしてはGCPを広めるために全力を尽くしたけども、
営業的な結果はついて来なかったなぁ、というところと。
システム開発を新規で取るには既存ベンダの抵抗が大きいなぁと言う所でした。

前者はどうしても時間がかかる部分があるのと、これもIaaSとかだと丁度のタイミングで声をかけないとなかなか載せ替えインセンティブが無い事が見込み客をつかむのがウチのような小企業では難しいなと感じている部分です。マーケティング的にはある程度成功していると思いますので、その知名度から何とか幾つか実績が出来てきたなぁと言う所ですので、引き続き少しづつでもしっかりと要望に答えてGCPを使って頂けるようにしていこうと思います。
後者については以前からありましたが、昨年は当社にわざわざお声がけ頂き、提案としては高評価を頂いたにも関わらず、既存ベンダさんの抵抗らしきものにあい失注するというのが繰り返されました。これは手間だけ掛かってしまって結果仕事につながらないということで非常に手痛いケースですが、なかなか特効薬が無いなぁと感じてます。
もう少し要件分析時点で事前にお話をしておくことも必要7日なぁ、という感じです。

とは言え、CloudAce、GCP自体の知名度は昨年一気に広がり、今年のビジネスチャンス拡大は確実と言えますし、Cmosyは相当広まって行ってますのでこちらもビジネスチャンス拡大してます。また、昨年幾つか仕込んだ大型案件が今年頭にいくつも確定して行くので、それによっては大変忙しい年になることが見えて来ており、楽しみな年であります。

さて、翻った目標達成自体はかなり散々でめちゃめちゃ残念かつ恥ずかしいのですが。
やらないわけには行かないと言うことで昨年の振り返りをしたいと思います。

■昨年の振り返り

本当にかなり、、、ですが。7件中達成は1件ということで13%です。

>・GCPの売上世界No1

全然ダメでしたね。大きく出ていたという所もありましたが。しかし、もう少し上手くやっていれば何とかなったのかもと。。。難しいです。

>・売上2億!人員20名!

これは3年連続同じだったのですが、達成出来そうにありません。
人員の一時19名になりましたが、その後3名退職があり、現在16名です。
GCPの売上世界一になるなら当然達成されるべき数字だったのですが。。。
非常に残念です。

>・書籍の発売2冊

これもゼロ冊で全く未達です。1冊は改訂版の予定でしたがそちらは大人の事情で無理だったのですが、もう一冊は頑張れば出来た目標でした。アカンです。
これはとにかく頑張れば達成出来るものなので、、頑張ります。

>・定常の粗利を30%に

クラウドエースの売上が結局粗利を生み出す構造になるまでまだまだ時間が掛かりそうで、達成出来ずでした。。

>・スマセルの黒字化

これも、定常的に入ってくる筈の売上が立たず、達成出来ずでした。流れとしては大学を評価したり、教育制度も変革の時期になっているので、上手く取り組めば面白い流れが作り出せると思うのですが。。。

>・ダイビング事業の単体黒字化

これも、達成出来ませんでした。担当者の退職もあり、難しいかったです。

>・新規事業の立ちあげ2件

これだけ、ですかね、達成出来たのは。一応3件、クモシーGoogjobおひねりの起ち上げは実施しました。単事業としての収益化は未だ先ですが。
クモシーはCmosyとしてCloud Movie Systemで商標も取り、日テレさんにも採用が決まり、新年早々には更にキー局での採用が進みそうという勢いです。
Googjobもお声がけした企業様からは皆賛同を頂き着実に求人は増えている状況になってます。


■2016年の目標

気をとり直して今年の目標を何とかやって行きます。今年は目標は絞って行きます。3つのくくりで売上・マーケティング・内部、の3つのくくりで整理します。

○売上目標

・GCPの売上世界No1

これは継続しておきます。マーケティング的には昨年一年で日本におけるリーディングカンパニーとしての位置づけにはなったと思います。次は何としても、営業的に今年1年で圧倒的な実績を作りたいと考えております。それに向けて細かい目標を幾つか設定して行きます。

・売上2.2億!人員17名!

上述の世界NO1を達成するには売上2.5億じゃちょっと足りないのですが。現実的な目標としていれておきます。これは必達です。人員は1名増やすくらいで給与水準を上げる方に回そうと考えてます。

・Cmosyの売上3千万円

年内に月額400万くらいを目指したいと考えてます。クラウドでの動画共有・管理の仕組みとしてのデファクトスタンダードを目指すので、

○マーケティング目標

・書籍の発売4冊

これは現在共同も含めて執筆中が3冊あるので、後1冊追加するだけなので、まぁ何とか頑張ってやって行きます。

・apps-gcpのPV10万/月(11月か12月想定)

技術系の記事をもっと盛り上げるのと、リニューアルを組み合わせ、10万PV/月を目指します。現状1万弱ですので10倍強ですが、十分達成出来る想定です。

○社内向け目標

・社員の平均給与15%アップ

粗利を達成してから次は、という予定でしたが今年中にはCloudAce,Cmosyで利益が出せるようになるはずなので、なるべく早くこの程度は実現したいと思います。


今年は新規事業起ち上げは一旦封印します。POCレベルでの機械学習をメインに研究開発投資は行いますが、それ以外は昨年2件予定が3件起ち上げてしまった事業の黒字化を頑張って行きたいと思います。

以上、本年の目標になります。
昨年は目標未達が非常に多かったので、今年は全部達成することを目標にしっかり毎月見返して進めて行くようにしたいと思います。