2016-05-11

他の追随を許さない5つのGCPの優位性

本文章は、5 Unique Features Of Google Compute Engine That No IaaS Provider Could Matchの要約・まとめです。

5つの点において、他のIaaSベンダでは追従出来ないGCEの強みについて書かれています。

圧倒的に違う5つというのは
1.サステインユースディスカウント
2.プリエンプティブルVM
3.カスタムVMサイズ
4.オンラインディスクリサイズ
5.シェアードストレージ

の5点のようです。
1年半前に私が超約した「AWSよりGoogle Compute Engineを選びたくなる10の理由」からすると5だけが被っている感じですね。他の4つについてはこの2015年以降に追加された機能なので仕方ない点もあるでしょう。でも他も今でも当てはまる強みの部分は多いのですが。それについてはまた。

では、それぞれ見て行きましょう。

1.サステインユースディスカウント(Sustained use discount)
GoogleのCompute Engine(IaaS)は、月間の利用時間に応じて割引されます。AWSでは事前にコミットして前払金を支払うことで安くなる仕組みがあったり、AWSでは12ヶ月コミットすると5%割引するようですが。Googleは事前のコミットは必要無く、月間の利用時間が長くなれば長くなるほど単価が安くなる、という仕組みを取ってます。
上記のような形で最終的に1ヶ月まるまる使うと30%オフになるという形です。
クラウドの良さを最も活かすためにはやはり事前コミット等で縛られるのでは無いでしょうというのがGoogleの主張しているところです。これは基本的な投資との関係になるので、そう簡単に他のクラウド会社が追随出来ることでは無いのでしょう。

価格の詳細はGCEのPricingページを参照ください。


2.プリエンプティブルVM(Preemptible VM)
次に凄いのはプリエンプティブルVMです。これもサステインユースディスカウントと同じ考え方で、利用率を最大化するためのものです。
Amazonは2009年にスポットインスタンスというのをリリースしました。これは、需要と供給に応じて自動的に価格が決まるというもので、単価を指定して入札してサーバを起動し、需要が増えて指定した単価を供給価格が上回ると自動的に停止する、というものです。その場合再度起動しようとすると価格を上げないと起動しません。
GoogleのプリエンプティブルVMも停止される点については同じですが、Google都合で突然停止する可能性があるのと24時間以上は起動し続けないという点を了承するだけで70%引きでサーバを利用出来るというものです。要は1000円の単価のサーバを300円で使えるということです。
EC2との違いは何かというと、EC2は入札価格を常に意識して管理・対応する必要があるということです。常に変わる供給価格に対して、入札価格をいくらにすることで安定的に処理が継続出来るのか、それを意識する必要があります。Googleでは固定価格なので、その点が大きく違います。Googleの方が一般的な利用としては利用しやすいのでは無いでしょうか。


3.カスタムVMサイズ
オンプレミスからクラウドに移行するときに必要な作業として、どのインスタンスタイプを使うのか、というのが非常に面倒な作業としてあります。Amazonでは40以上のインスタンスタイプが6つのファミリーに区分されており、この中からフィットするインスタンスタイプを選ぶのは非常に手間がかかりますし、そのガイドは非常にプアなものです。
Azureも同様で29インスタンスが4つのカテゴリに分かれてます。どれが良いのかわからない。

Googleでは1-32コアのCPUに対して、1コアあたり最大6.5GBのメモリを割り当てる設定を個別に行うことが可能です。必要なリソースを必要なだけ指定してサーバインスタンスを立ち上げることが出来るのです。
IBMのSoftlayerを除くと他にカスタムVMを提供しているベンダはありません。1のサステインユース割引や2のプリエンプティブルVMと組み合わせて使うことで非常に高い顧客満足を与えられることでしょう。

4.オンラインディスクリサイズ
次にディスクの特徴についてです。クラウドのメリットとしてはやはりスケールを素早く変更出来ることがあります。VMについても追加のサーバを立ち上げるのも落とすのも一瞬ですしコストは使っている分だけです。ただ、CPUやメモリの追加等は再起動が必要です。
ディスクのストレージについても柔軟に変更は可能ですが、やはり落として再起動する必要があります。
しかし、これは私も驚いたのですが、GCEのPersistentディスクはオンラインでサイズ拡張が可能です。これはスナップショットを取ってバックアップしたり、ディスクを追加でアタッチしたりという作業では無く、リサイズコマンド一発です。あとはOSレベルでの拡張等は必要なのですが、非常に簡単です。私が書いた記事がありますので、是非そちらを参考に試してみて頂ければと思います。
これは全く凄い技術で他のクラウドプロバイダでは提供出来ないものです。

5.シェアードストレージ
これは1年半前に書いた記事の時からある利点なのですが、GoogleのPersistentディスクは上記のようにオンラインでリサイズ出来ることだけでも凄いのですが、複数のインスタンスでアタッチ・マウントすることが可能です。残念ながら現時点では読み込み専用の場合のみですが。
AWSとAzureには共有ファイルサービスがありますが、これは性能的に満足の行くものではありません。
GCEでは読み込み専用でもオンプレで今まで出来ていたいろいろなことが便利に実現出来ることでしょう。例えば、大規模なデータを事前にロードした状態で複数のVMに一度に展開出来る点です。
読み書き可能なディスクとしては、GoogleがGlusterFileSystemをGCEに持ち込むためにRedhatと協業してますので、こちらを実装することでNFSのような高速共有ファイルサーバは実現可能です。

以上、他のクラウドベンダに追随を許さない5つのGCPの優位性を簡単にまとめて見ました。
Googleクラウドは今年東京リージョンのオープンを控え、上り調子です。GCPの導入実績No1のクラウドエースに是非ご相談ください。

IT Expo2016春の会場にて。