ラベル お知らせ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル お知らせ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013-02-14

株式会社スマセル


2月13日付けで立ち上げました。

仏滅ですが、20130213で並びが良いと言うことで。
あと意外と、仏滅はこれから上がるしか無いから割りと良いとか。

SMartMatchingSELectionでSM2ASELです。

これで私自身4社目の取締役になりました。
来月には面白いサービスを展開出来ればと考えておりますので、
皆様よろしくお願い致します。


2012-01-12

Google Apps Certified Deployment Specialist合格


昨年の2月23日に公開された、表題の試験に2012年1月9日、めでたく合格しました!
恐らくGoogle社外では日本第一号と思われます。



NDAがあるので、詳しい内容は書けませんが、かなり難易度の高い問題だったと思います。
未だ英語版しかありませんし。

このブログでも一度勉強開始の記載をしましたが、それから徐々に勉強を行いまして、年明けに何とか受験にこぎつけ、途中何度もダメかもと思いながら受けておりましたが。。。

兎に角、まずはこれで日本ではトップのGoogleApps導入コンサルタントであることが証明されました。
今後はお客様にこの資格もあることで安心してお任せ頂けるようアピールして行ければと思います。

Google社内には数名取得者がいらっしゃるようですが、恐らく、日本企業では初めてでしょう!
単純にそれが楽しいです。

取得に向けては恐らく、
・導入経験5件以上(トータル1000アカウント位は)
・ネットワークの基礎知識
・コンサルタント的な思考
・英語能力(TOEIC700以上)
・単純な記憶等の学習時間50時間

あたりの条件は必須になってくると思います。
これから取得する方に向けての勉強方法なども時間があれば書きたいと思います。

いやぁ、大学受験以来18年ぶりにこんなに根詰めて勉強しましたょ。めでたい。
次はマラソンを頑張らねば。

2011-12-08

Google Apps向け機能拡張サービス「繋吉(つなよし)」シリーズを日本で初めてGoogle App Engineプレミアアカウントにて運用開始

先日、「App Engine Premier account になってみた(日本第一号)」にてもお伝えしておりました、国内初のプレミアムアカウントについてですが、本日プレスリリースを行いました。

こちらにも載せておきたいと思いますので、ぜひご一読頂ければと思います。

-----------------------------------------------------------------

報道関係者各位
プレスリリース

2011年12月8日
吉積情報株式会社

吉積情報、Google Apps向け機能拡張サービス「繋吉(つなよし)」シリーズを
日本で初めてGoogle App Engineプレミアアカウントにて運用開始 
 


  吉積情報株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:吉積礼敏、以下、吉積情報)は、Google Apps for Business(以下Google Apps)向けの機能拡張サービスである「繋吉(つなよし)シリーズ(以下、繋吉)」を、日本で初めて、Google App Engineプレミアアカウントにて運用を開始いたしました。

  これにより繋吉シリーズを、Google App Engineの有料アプリケーションの区分で提供を行うと同時に、高可用環境(High Replication Datastoreオプション、以下、HRDオプション)に対応いたしましたので、99.95%の稼働率保障のもとで繋吉をご利用頂けるようになりました。また、繋吉の利用料に関しては、従来と同じ料金でご利用いただけます。


■Google App Engineプレミアアカウントでのサービス運用開始の背景

  吉積情報が提供しております繋吉シリーズは、Google App Engine上で展開するGoogle Apps向けの機能拡張サービスです。クラウド型グループウェアであるGoogle Appsへのアクセスをよりセキュアにするセキュアログインパックや、カレンダーのビューを見やすくするグループカレンダーの機能などを提供しております。

  多くのお客様に繋吉の導入をすすめる中で数多くのご意見、ご要望を頂いておりますが、その中で特に、Google App Engineのメンテナンスに影響されないサービスを提供して欲しいとのご要望を頂いておりました。Google App Engineは、Google Appsと同様、高い信頼性を備えたアプリケーションの実行環境ですが、不定期に予定されるメンテナンスによって、繋吉シリーズをご利用頂けない時間帯が発生しておりました。このメンテナンスは、米国時間の夕方に行われることが多く、日本では午前中の出勤時間帯と重なるため、特にセキュアログインパックについては、この点について多くの要望を頂いておりました。

  11月7日に行われましたGoogle App Engine 1.6.0のリリースに伴い開始されたプレミアアカウントでは、HRDオプションに対応することで99.95%の稼働率保障を受けることができる有料アプリケーションを無制限に作成できるため、他社に先駆けて準備を進め、11月9日に国内では初めてプレミアアカウントでのサービス運用を開始致しました。


■プレミアアカウントでサービス運用する繋吉シリーズの特徴

  この度のプレミアアカウントでのサービス運用開始に伴い、現在提供中の繋吉の全てのサービスをHRDオプションに対応した有料アプリケーションに切り替えました。これにより、Google App Engineのメンテナンスに影響を受けることなく、サービスの提供を行うことが可能になりました。

  お客様にとっては、24時間365日を通じて、よりセキュリティの高い状態で、Google Appsをご利用頂くことが可能になります。繋吉を通じて、高セキュリティな状態でGoogle Appsを活用頂くことで、クラウド上で提供されるGoolge Apps最大の特徴である、ロケーションやデバイスに左右されずに利用ができるというメリットを最大限に活かして、業務における生産性の向上を見込むことができます。

  なお、この度の有料アプリケーションへの切り替えに伴い、お客様に行なって頂く設定などは特になく、従来通りご利用頂けます。価格に関しても、従来通りの価格でのご提供とさせて頂いております。

  また、従来のGoogle App Engineはプレビュー版という位置付けでしたので、サポート窓口は設置されておらず、何か障害が発生した際には、基本的には開発会社側の自己責任で対応する必要がありました。
  しかし、プレミアアカウントでは、Google側にも専門のサポート窓口が設置されます。万が一の障害発生時にも、Googleのサポートチームと協力して障害対応ができるため、より迅速な問題解決が見込めます。


■繋吉(つなよし)の詳細

  繋吉(つなよし)は、吉積情報が開発を行なっているGoogle Apps向けの機能拡張サービス群の総称です。「お客様とGoogle Appsを吉積情報が繋ぎます」を合言葉に、Google Appsの基本機能を補完して、より効果的にGoogle Appsをお使い頂くための機能を提供します。

繋吉セキュアログインパック
  クラウド型グループウェアであるGoogle Appsへのよりセキュアなアクセスを提供するシングルサインオンサービスです。ログイン情報の変更、リモート環境からのアクセス制御、携帯電話からのログイン制御、PC/スマートフォン端末からのログイン制御など、Google Appsへログインする際の様々なオプションを提供します。
  中小企業様にもご導入頂きやすい価格でサービス提供させていただいており、多くのお客様にご導入頂いております。
価格(税抜):月額利用料100円/年額利用料1000円

繋吉グループカレンダー
  Google AppsのGoogleカレンダー情報を、部署などグループごとのメンバー単位で閲覧・編集できるサービスです。週単位の予定をリスト形式で確認ができるほか、詳細カレンダー画面では予定情報を時間帯の形式で確認する事も可能です。
価格(税抜):月額利用料60円/年額利用料600円

  今後は、ワークフローや勤怠管理ツールなど、ビジネスに必要不可欠なサービスを展開していく予定です。

製品紹介ページ
URL:http://www.yoshidumi.com/tsunayoshi/

*繋吉の導入には、Google Apps for Businessのご契約が必要です。
*価格にはGoogle Apps for Businessのライセンス料は含まれておりません。


■Google Apps for Businessについて

  Google Apps for Businessは、Googleが提供するサービスを独自ドメインで利用することができる、クラウド型のビジネス向けアプリケーションサービスです。
メール、カレンダー、チャット、ドキュメント、サイト作成などビジネスに欠かせないコラボレーションやコミュニケーションのための機能が提供されています。

吉積情報株式会社はGoogle Apps for Businessの販売代理店です。

製品紹介ページ
URL:http://www.google.com/apps/intl/ja/business/index.html


■Google App Engineについて

  Google App Engineは、Googleが提供するウェブアプリケーションの構築・実行環境です。アプリケーションの構築や維持管理が簡単に行なえ、トラフィックやデータストレージの増大に合わせて容易にスケーリングできます。サーバーを維持管理する必要がないのも特徴です。

  11月7日にプレビュー版から正式版に移行し、プレミアアカウントの提供が開始されました。プレミアアカウントでは、HRDオプションに対応することで99.95%の稼働率保障が受けられる有料アプリケーションを、無制限に作成することができます。


■会社概要

会社名:吉積情報株式会社
所在地:東京都中央区東京都中央区銀座2-14-7 銀座OMビル 3F
代表者:代表取締役 吉積礼敏
ホームページ:http://www.yoshidumi.com/


■本件に関するお問い合わせ先

担当者:秋田晴通
TEL:03-6228-4451
FAX:03-5843-1690
E-mail:hakita@yoshidumi.co.jp

-----------------------------------------------------------------


2011-10-26

スマセル

採用を劇的に簡素化する新サービス、スマセルを始めました。

昨今、採用担当者の負担が増えて来ています。
募集をすると数多くの人が応募して来ます。
そこには2つ要因があり、一つはもちろん不況でよりよい職を皆探していると言う点。
もう一つは応募にかかるコストが激減していることです。
メールで履歴書を送るだけと言う応募の仕方が大量に増えている状況です。
ですので一人の求職者が応募する先がこれまでの何倍にも膨れ上がっています。
これに対して、採用担当者の方は大量の履歴書をこれまで通り確認して評価・判断を下さねばなりません。

ここに、新しいサービスとして、スマセルを提案していきます。
スマセルは簡単に言ってしまうと、WEBでの採用試験です。
スマートフォンや携帯から簡単に採用試験を行えます。
これを、履歴書を送る際や応募時の前提条件にして下さい、と言う使い方に特化したサービスになります。
多数の応募者を一次フィルタリングするのに、何も、SPIや高級な試験をする必要はありませんよね?
まずは20問の一般常識的なテストを行うことで、ある程度二項分布に従ったフィルタリングが可能になります。
自社に必要である可能性のある人をそこからまずざっくりと抽出することで、
履歴書を評価する手間を省いて下さい、と言うものです。

もちろん履歴書を入手してしまうとその管理も必要になりますので、その手間、シュレッダーする手間も少なくて済みます。

また、20問とは言え、弁別力の高い問題を集めた高品質な問題群からなりますので、高得点を取った方はそれなりに優秀である可能性の高い方です。得点を客観的な評価の指標の一つとして後段の面接等での評価の助けにも利用出来るものです。

現在キャンペーン中で、1,000ライセンス10万円(1ライセンスあたり100円)で提供しております。
定期的に大量の採用を行なっている企業様がいらっしゃいましたら、是非ご紹介下さい。

2010-06-29

事務所再開です。

ブログにて何度かご報告させていただいておりますが、
弊社事務所が火災事故にあうという大事件からはや3週間。
めでたく事務所復旧が完了し、備品など足りないものは多少ありますが、
昨日より銀座オフィスにて業務を再開致しました。

今回の火災では、いろいろと学びました。
火災保険とか、、、保障とか、、、
クラウド化の大切さとか。。。
(弊社、GoogleAppsを取り扱っておりますので、何かありましたらお声掛け下さい。)

さて、事務所再開となった昨日のはじめの仕事は、お祓いでした。
神主さんを呼んで、真新しくなった事務所2Fにて、
お祓いをして頂きました。

”かしこみ、かしこみ・・・”ってやつです。
なんか、気持ちも引き締まった感じです。

いろいろ大変でしたが(これからもまだ大変ですが)、
社員一同、力を合わせてがんばって参ります。

また、復旧までご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。
お見舞いを下さった方、優しい言葉をかけて頂いた方、あたたかく見守ってくださった方々、
この場をお借りしてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

今後は罹災前よりも、更に、皆様のお役に立つべく、がんばっていきたいと思います。
今後とも、よろしくお願い致します。

2010-06-10

6月3日の銀座オフィス火災状況ならびに復旧予定日について

先日のブログ記事でもお伝えいたしましたが、
6月3日の早朝、弊社の銀座オフィス2Fから火災が発生しました。

その状況を写真として記録しておりましたので
皆様にも公開させていただきます。





なお、現在、銀座オフィスは急ピッチで復旧作業をしており
今月末にはふたたびオフィスでの作業が可能となりそうです。

皆様には、ご心配おかけいたしましたが今後ともよろしくお願いいたします。

2010-05-13

徳島ヴォルティスホームゲームチケットプレゼント企画

鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムにて行われる
徳島ヴォルティスのホームゲーム試合(前期分)で有効な招待券を 7組14名様にプレゼントします。

ご希望の方は、弊社ホームページをご覧ください。
http://www.yoshidumi.com/

一昨年より徳島ヴォルティスへの協賛を行ってまいりましたが、
今年は手続きの遅れがあり、この時期の告知となってしまいました。
前半戦も残すところ7試合。そのうち3試合のホームゲームチケットとなっております。
後半戦につきましては、7月頃に再度、プレゼント企画を行う予定でおります。
そちらも楽しみにして頂けると幸いです。

皆さんの声援を、徳島ヴォルティスに届けましょう!
ご応募お待ちしております。

2010-03-31

Google Appsの試用・導入のサポートサービスを1ヶ月無料にて提供開始

2010年3月31日
吉積情報株式会社
代表取締役 吉積礼敏

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Google Appsの試用・導入のサポートサービスを1ヶ月無料にて提供開始
~GoogleAppsをコストゼロ・リスクゼロにて、すぐにご体験頂けます~
http://www.yoshidumi.com/tsunayoshi/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

吉積情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役 吉積礼敏)は、Google社から提供されているGoogleAppsを何の心配もなく気軽に、お申込みいただいてからすぐにご体験いただけ るように、初期設定サポートおよび試用期間中のサポートを無料にて実施するサービスの提供を開始致します。

Google Apps とはGoogle社が提供するクラウド型Webサービスです。独自ドメインでGmail、Google カレンダー、Google ドキュメントなど豊富なアプリケーションを格安の値段にて利用できます。また、メンテナンスはすべてGoogle側で管理されるためサーバを持つ必要がな くなり、社内にシステム部門を設ける必要が無くなるという、中小企業にはまさにうってつけのサービスです。
近年では中小企業、大企業を問わず、世界中の企業がGoogleAppsを採用し始めています。

しかしながら、実際にどの様な事ができるのか、導入費用はどれくらいかかるのか、実際の使用感はどんな感じなのか、と漠然とした疑問をお持ちの企業様が多いことも事実で、気軽に導入に踏み切れないでいる企業様が多い状況がありました。

そこで弊社では、Google Apps をコストゼロ・リスクゼロで、気軽に体験いただけるように、お申込み頂いてからすぐに体験いただける状態でのご提供を目指して、初期設定サポート費用ゼ ロ、GoogleApps1ヶ月使用料ゼロ、リスクゼロの、簡単で安全に、なおかつ無料でのサポートサービスの提供をさせていただくことに致しました。

■本サービスの特徴

・GoogleAppsをお申込み頂いてから、1営業日以内に体験試用の開始が可能です。

・GoogleAppsの1ヶ月試用はもちろん無料で、初期サポートも無料、現状の業務に支障をきたすこともない”コストゼロ・リスクゼロ”なサービスです。

・初期設定サポートを無料でご提供いたしますので、わずらわしい設定に悩まされることなく簡単に、”初期費用ゼロ”ですぐにご試用を開始していただけます。

・今までのメールシステムも使い続けながら、なおかつGoogle Appsでも同じメールが閲覧できるという方法での移行を行いますので、現状の業務への影響はありませんので、”リスクゼロ”で安心してご利用いただけます。

・また、ご満足いただけない場合は、1ヶ月間の無料試用期間中いつでも解約が可能です。 解約手数料など費用は一切掛かりませんので、”コストゼロ”での試用が可能です。

・ご満足いただけましたら、特に設定などをすることなく、本使用へとそのまま継続していただけます。
(本使用の時点からGoogleAppsのライセンス費用が発生致します)

この機会に是非GoogleAppsが提供する最高のソリューションをコストゼロ・リスクゼロでお試しいただき、クラウドならではのメリットをご体験ください。


■お申込み方法および試用開始までのステップ

・STEP1. お申込み
 お申込みは、弊社繋吉サイトの申込みフォームより、お申込みいただきます。
・STEP2. 利用開始のご連絡
 お申込み頂いてから1営業日以内に、ご登録いただいたメールアドレスへ
GoogleAppsのWebメールのログイン先のアドレスをお送りします。
・STEP3.メールの転送設定
 お客様側でメールの転送設定を実施して頂きます。
 ※お客様に実施して頂くのは、この設定のみとなります。もちろん、サポート対象となっておりますので、
不明点などありましたらお問い合わせください。無料で対応致します。
・STEP4.試用開始
 GoogleAppsの試用を開始いただけます。

※試用開始後、ドメイン所有権の確認の設定があります。


■GoogleApps導入の主なメリット
1.ハードウェア費用・保守費用の削減
 メールサーバーのハードディスク容量の追加やそのメンテナンスが不要になります。

2.人件費の削減
 ハードディスク容量の監視、セキュリティ対応、スパム対策が不要になります。

3.ソフトウェア費用の削減
 Officeツールを導入した場合、パソコン1台あたり3万から6万円の出費がかかり
  またライセンス管理も面倒ですが、Google Appsではアプリケーション購入もライセンス管理も不要です。

4.常に最新のアプリケーションが使用できる
 日々、最新技術が開発されているIT業界では、購入したアプロケーションがすぐに陳腐化してしまいますが、Google Appsでは、新機能は常に更新されいつでも最新のアプリケーションを使用できます。

5.世界最高レベルのセキュリティ
 世界中の監視を常にうけ、世界の頭脳が集まり研究を続けるグーグルの技術をそのまま利用できます。

6.ロケーションフリーの実現
 インターネットさえあればどこからでもアクセスが可能です。また携帯からも使用が可能です。

7.容易にコラボレーションが可能
 ファイルをクラウドに置いたままでドキュメントやサイトの更新が可能、変更履歴が残ります。そのため、従来のようなファイルをばらまいて再度集計するという手間が必要がありません。また、編集権限、閲覧権限をユーザー毎に設定が可能です。

8.Googleの検索システムをGoogleApps内で使用可能
 Googleのインターネット検索技術をそのまま、Google Apps内で使用できます。
 そのため、大量のメールに埋もれた情報を瞬時に探し出すことが可能です。

9.システム移行も安心
 Google Apps の Googleドキュメントは、Microsoft Office のファイル形式や、PDF、OpenOffice、ODFなどの多数の一般的なファイル形式に対応しております。
 また、メールやカレンダーの予定をMicrosoft Exchange や Lotus Notes からの移行には、一連の移行ユーティリティとAPIが用意されております。



■商品の仕様

サービス名:Google Apps 1ヶ月無料試用サポートサービス
サービス開始日:2010年3月26日
開発:吉積情報株式会社
URL:http://www.yoshidumi.com/tsunayoshi/


■Google Apps サービスの概要

2008年12月 Google Enterprise Partner(GEP)に認定される。
2009年06月 『繋吉』シングルサインオンツールのダウンロード販売を開始。
2009年06月 Google Apps の正規販売代理店に認定される。
2009年07月 導入支援サービスの開始。
2010年03月 1ヶ月の無料試用サポートサービス提供の開始。


■吉積情報株式会社について

会社名:吉積情報株式会社
本社 :東京都新宿区
所在地:東京都中央区銀座2-14-7 銀座OMビル2F
設立 :2005年9月6日
資本金:100万円
代表者:代表取締役 吉積礼敏
ホームページ:http://www.yoshidumi.com/


■本件に関するお問い合わせ先

担当者:柴田一人
TEL:03-6228-4451
FAX:03-6228-4453
E-mail:google@yoshidumi.com

2010-02-16

9人目の社員

が15日に入社しましたー。
技術部長として、今後のAppEngine周りの開発などを強力に推し進めて頂く予定です。
一気に新しいオフィスが手狭感が出て来そうな気が。。。いや、未だもうちょっとは頑張るのです。
まぁ、そのうち打合せスペースを潰してしまうしか無くなるのでしょうね。
とにかく、今年はGoogleAppsとダイビング周りを爆発させます!
色々仕込み中。

2009-11-20

銀座ランチマップを公開しました

東銀座に引っ越してきて本日で早20日が経ちました。
新しいオフィスにも随分と慣れてきて、ようやく落ち着いた感じです。

仕事が落ち着いたら、もちろん銀座も楽しまないと、ということで、
四谷にオフィスがあった頃に作っていたランチマップを、
場所を銀座に移して再開しました!

その名も、「銀座ランチマップ


社員、バイト総動員で、銀座を食べ歩きます!
現在、開始20日間で26軒掲載中と、いいペースで銀座のお食事処を開拓中です。
さすがに押上と比べるとランチの平均価格が高めなので、懐具合が心配なところですが、
銀座の美味を食べつくすのが先か、食い倒れるのが先か、限界に挑戦します!

どこまで増えるか、乞うご期待です!

2009-11-01

新オフィス

引越しました!銀座二丁目です。歴代4箇所目のオフィスになります。

ただ、NTTの手違いでネットが繋がらず、かろうじて外向けの通信は出来るのですが、
外からのyoshidumi.com向けのアクセスが復旧してません。
この世界の者として恥ずかしい限り。。。

さて、でも簡単に社内をご紹介。まず、2Fですが、階段を上がってすぐがこちら、打合せスペースになります。今まで5階まで登って頂いておりましたが、これで気兼ね無くお呼びすることが出来ます♪

カーテンの奥は決して触れないようにお願い致します。。。。
すぐ後ろに振り返ると、3Fへの階段です。右下が一階からの階段になります。


階段を上がると、こんな感じでわさっと作業スペースになります。奥に見えてるのははるみちです。
OAフロアなので足下はすっきり!です。ちなみにこの階は当面土足禁止ってことにしようと思います。改装直後で奇麗なのでもったい無いのです。

3Fの階段の反対側はこんな感じで、プリンタ、FAX、ウォータークーラーとか冷蔵庫、護美箱とかがあります。
ちなみに、オフィスの壁はなるべく落書きをしても良いようにホワイトボードになってます。
いやー、凄く奇麗なオフィスになりました!今年も後わずかですが、いよいよ頑張って行きたいと思います。
ちなみに、移転のお手紙にてお知らせした電話番号ですが、誤っておりまして。。。
弊社電話番号は、03-6228-4451 です。下4桁を4551とお知らせしておりましたが、4451の誤りです。
メールが復旧次第、訂正のご連絡をさせて頂きます。申し訳ありません。

飲食店が多いので、ランチマップを再開させようと目論んでおります。

2009-10-16

銀座に引っ越し

今月末31日に会社の引っ越しを行います。
押上に来て約1年です。
次はついにというか、いきなりというか、銀座です。歌舞伎座の裏あたりの銀座3丁目になります。
現在ビルが改装中で、31日ぎりぎりに引っ越しを行う予定です。
銀座と言っても家賃は高くなく、分相応はわきまえております。
と、言うか、高い家賃は払えませんから。。

とは言え、押上はランチに非常に苦労しましたが、銀座では調査のし甲斐があり、楽しみです。
またランチマップとか作ってみたいなぁとも。

今度のオフィスはきちんとした会議室を用意しますので、ご近所の方は是非遊びに(商談をしに)来ていただければと思います。

2009-07-24

『うみもぐら』の記事が日経流通新聞に掲載されました

『うみもぐら』が、本日7月24日付けの日経流通新聞7面サイトseeing欄に掲載されました。

『うみもぐら』の新聞への掲載は、8ヶ月ぶり3度目です。
おかげさまで、お問い合わせも多くいただいております。

日経流通新聞を購読されている方は、
ぜひご確認してみていただければと思います。

2009-07-21

ダイブネットのメルマガ配信を開始しました

本日7月21日より、ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』からのメルマガの配信を始めましたので、よしづみぶろぐでも告知します!
その名もずばり、「ダイビング情報ポータルサイト『DIVENET』メルマガ 」です。

ダイブネットの更新情報やイベント情報などダイビングに関する最新の情報を、メールマガジンにして毎週火曜日にお届けします。

メルマガの主な内容は、以下の三つを予定しています。

■『ダイブネット』ニュース

ダイブネットの更新情報や、
ダイブネットからの重要なお知らせなどをお届けする予定です。
ダイビングツアー情報やプレゼント情報など、お得な情報も満載です。


■ダイビングヘッドラインニュース

このコーナーでは、ダイブネットの人気コンテンツ
「ダイビングヘッドラインニュース」を一週間分まとめてお届けします。

ダイブネット編集部にて厳選したダイビング関連のニュース満載で
お送りしますので、普段忙しくてなかなか潜りに行けない、或いは、
ダイビング雑誌を読んで情報収集する暇もない、という方に、
最新のダイビング情報をお届けします。


■ダイビングイベントニュース

このコーナーでは、ダイブネット編集部の元に集まったダイビング関連の
イベント情報をお届けします。

現地でのダイビング関連イベントの情報はもちろん、
水中写真家の方の展示会情報や水族館の季節限定イベントなど、
ダイビングに関係のあるイベントを余すところなくお伝えします。


ダイブネット編集部一同、気合を入れて準備を進めてまいりますので、
ダイビング情報ポータルサイト『DIVENET』メルマガにご期待ください!

以下のバナーから登録できますので、この機会にご登録をお忘れなく。
Yahoo!メルマガ メルマガ登録はこちら!

2009-07-03

同窓生

さっき何気なく「はてぶ」を眺めていたらですね、数少ない大学時代の研究室の同窓生が出てました-。
ITMEDIAなんですが、いやぁ、大学時代から凄い人だなぁとは思ってて、任天堂に就職したんで、さすがだと思って居たら、ぷいっと起業しちゃった見たいですねぇ。いやぁ、天才肌だなぁ。
と、思いさっきメールしてみました。忘れられてるかも知れませんがね。。

さて、7月はAppsの展開を加速させて行きます!
・導入キャンペーンと広告展開
・機能追加
・既存顧客に対する展開
の3本柱で推進します。売るぞ!

2009-06-01

ダイビングSNS『うみもぐら』の機能強化に関するプレスリリースを行いました

ダイビングシーズンが本格化する夏を前に、ダイビングSNS『うみもぐら』の機能強化を行いましたので、お知らせいたします。



機能強化の内容は
(1)携帯電話からの閲覧対応
(2)ショップ検索機能の強化
(3)ダイブネットへのコンテンツ提供
  (ログの公開範囲の設定)
です。

プレスリリースの詳細は、こちらをご覧ください。
@Press
http://www.atpress.ne.jp/view/11059

これからも新しい機能をテンポよくリリースして行こうと思いますので、
今後の展開にご期待ください。

2009-05-07

個性あふれる起業家を発掘する「THE INDEPENDENTS」 に紹介されました

ダイブネットの際にお世話になった方の起業家支援の団体INDEPENDENTSにて、
起業家インタビューとして紹介頂きました!
初めてちゃんとしたインタビューのようなものを経験しましたが、やはりプロの方は文章を構成する能力が凄いですねぇ、あんな与太話が、ちゃんとした記事になってるなんて。
読みたいと言う方は個人的にご連絡頂ければお送りします。

G.W.は自宅でプログラミング合宿をしてました。
ダイブネットやうみもぐらに新たな機能追加を画策してますので、乞うご期待です。

えー、ちょっとやはり太り気味なので、何とかしたいと思います。

2009-02-09

うみもぐらの商標

特許庁のHPに申請中ってことで掲載されてました。
リンクを張ろうと思ったのですが、どうやら検索結果の表示は期限があるらしいので。
特許庁のHPから商標出願・登録情報に移動して、「うみもぐら」で検索すると表示されます。
いつ認可されるんだろうか。。

現在手がけているプロジェクトで少々最終化に手こずってますが、今月こそプレスリリースが打てるように頑張ります。


2008-11-19

ダイブネットの子会社化に関する記事が、日経産業新聞に掲載されました

先日ご紹介したダイブネットの子会社化ですが、なんと
11月19日付の日本経済新聞19面中小・ベンチャー欄に
掲載されました!

吉積情報株式会社としては3ヶ月ぶり2度目の新聞掲載です。
おかげさまで、多くのお問い合わせも頂いております。

日経産業新聞を購読されている方は、
ぜひご確認ください。

2008-11-12

株式会社ダイブネットを子会社化しました

吉積情報では、ダイビングSNS『うみもぐら』を運営しておりますが、
このたび、ダイビング総合情報サイト『DIVENET(ダイブネット)』を
運営する株式会社ダイブネットを子会社化いたしましたので、お知らせします。

DIVENET』は、ツアー検索・ダイビングスポットの紹介・水中写真
/水中動画・ダイビングの始め方・環境問題・フォトコンテストなど多岐に渡る
コンテンツを提供しており、ダイビングをこれから始めたい方から上級者まで、
ダイビングに興味のある全ての方に楽しんでいただけるサイトとなっています。














今後は、コンテンツの更なる充実や『うみもぐら』との連携により、来年の
夏までに『DIVENET』を従来のダイビング総合情報サイトから、ダイビング
分野でのNo.1ポータルサイトにすることを目標に、サイトの運営を進めて
まいります。また、ダイブネットの運営しているコミュニケーションSNS
Belljery』につきましては、年内を目安にダイビングSNS『うみもぐら
へ統合を行う予定です。

プレスリリースも行いましたので、詳細についてはこちらをご覧いただければと思います。

@PRESS:『株式会社ダイブネットの子会社化に関するお知らせ』
http://www.atpress.ne.jp/view/9606

DIVENET』と『うみもぐら』の両方を全力で運営してまいりますので、
今後ともぜひよろしくお願いします。