ラベル 吉積情報イベント の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 吉積情報イベント の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016-05-11

他の追随を許さない5つのGCPの優位性

本文章は、5 Unique Features Of Google Compute Engine That No IaaS Provider Could Matchの要約・まとめです。

5つの点において、他のIaaSベンダでは追従出来ないGCEの強みについて書かれています。

圧倒的に違う5つというのは
1.サステインユースディスカウント
2.プリエンプティブルVM
3.カスタムVMサイズ
4.オンラインディスクリサイズ
5.シェアードストレージ

の5点のようです。
1年半前に私が超約した「AWSよりGoogle Compute Engineを選びたくなる10の理由」からすると5だけが被っている感じですね。他の4つについてはこの2015年以降に追加された機能なので仕方ない点もあるでしょう。でも他も今でも当てはまる強みの部分は多いのですが。それについてはまた。

では、それぞれ見て行きましょう。

1.サステインユースディスカウント(Sustained use discount)
GoogleのCompute Engine(IaaS)は、月間の利用時間に応じて割引されます。AWSでは事前にコミットして前払金を支払うことで安くなる仕組みがあったり、AWSでは12ヶ月コミットすると5%割引するようですが。Googleは事前のコミットは必要無く、月間の利用時間が長くなれば長くなるほど単価が安くなる、という仕組みを取ってます。
上記のような形で最終的に1ヶ月まるまる使うと30%オフになるという形です。
クラウドの良さを最も活かすためにはやはり事前コミット等で縛られるのでは無いでしょうというのがGoogleの主張しているところです。これは基本的な投資との関係になるので、そう簡単に他のクラウド会社が追随出来ることでは無いのでしょう。

価格の詳細はGCEのPricingページを参照ください。


2.プリエンプティブルVM(Preemptible VM)
次に凄いのはプリエンプティブルVMです。これもサステインユースディスカウントと同じ考え方で、利用率を最大化するためのものです。
Amazonは2009年にスポットインスタンスというのをリリースしました。これは、需要と供給に応じて自動的に価格が決まるというもので、単価を指定して入札してサーバを起動し、需要が増えて指定した単価を供給価格が上回ると自動的に停止する、というものです。その場合再度起動しようとすると価格を上げないと起動しません。
GoogleのプリエンプティブルVMも停止される点については同じですが、Google都合で突然停止する可能性があるのと24時間以上は起動し続けないという点を了承するだけで70%引きでサーバを利用出来るというものです。要は1000円の単価のサーバを300円で使えるということです。
EC2との違いは何かというと、EC2は入札価格を常に意識して管理・対応する必要があるということです。常に変わる供給価格に対して、入札価格をいくらにすることで安定的に処理が継続出来るのか、それを意識する必要があります。Googleでは固定価格なので、その点が大きく違います。Googleの方が一般的な利用としては利用しやすいのでは無いでしょうか。


3.カスタムVMサイズ
オンプレミスからクラウドに移行するときに必要な作業として、どのインスタンスタイプを使うのか、というのが非常に面倒な作業としてあります。Amazonでは40以上のインスタンスタイプが6つのファミリーに区分されており、この中からフィットするインスタンスタイプを選ぶのは非常に手間がかかりますし、そのガイドは非常にプアなものです。
Azureも同様で29インスタンスが4つのカテゴリに分かれてます。どれが良いのかわからない。

Googleでは1-32コアのCPUに対して、1コアあたり最大6.5GBのメモリを割り当てる設定を個別に行うことが可能です。必要なリソースを必要なだけ指定してサーバインスタンスを立ち上げることが出来るのです。
IBMのSoftlayerを除くと他にカスタムVMを提供しているベンダはありません。1のサステインユース割引や2のプリエンプティブルVMと組み合わせて使うことで非常に高い顧客満足を与えられることでしょう。

4.オンラインディスクリサイズ
次にディスクの特徴についてです。クラウドのメリットとしてはやはりスケールを素早く変更出来ることがあります。VMについても追加のサーバを立ち上げるのも落とすのも一瞬ですしコストは使っている分だけです。ただ、CPUやメモリの追加等は再起動が必要です。
ディスクのストレージについても柔軟に変更は可能ですが、やはり落として再起動する必要があります。
しかし、これは私も驚いたのですが、GCEのPersistentディスクはオンラインでサイズ拡張が可能です。これはスナップショットを取ってバックアップしたり、ディスクを追加でアタッチしたりという作業では無く、リサイズコマンド一発です。あとはOSレベルでの拡張等は必要なのですが、非常に簡単です。私が書いた記事がありますので、是非そちらを参考に試してみて頂ければと思います。
これは全く凄い技術で他のクラウドプロバイダでは提供出来ないものです。

5.シェアードストレージ
これは1年半前に書いた記事の時からある利点なのですが、GoogleのPersistentディスクは上記のようにオンラインでリサイズ出来ることだけでも凄いのですが、複数のインスタンスでアタッチ・マウントすることが可能です。残念ながら現時点では読み込み専用の場合のみですが。
AWSとAzureには共有ファイルサービスがありますが、これは性能的に満足の行くものではありません。
GCEでは読み込み専用でもオンプレで今まで出来ていたいろいろなことが便利に実現出来ることでしょう。例えば、大規模なデータを事前にロードした状態で複数のVMに一度に展開出来る点です。
読み書き可能なディスクとしては、GoogleがGlusterFileSystemをGCEに持ち込むためにRedhatと協業してますので、こちらを実装することでNFSのような高速共有ファイルサーバは実現可能です。

以上、他のクラウドベンダに追随を許さない5つのGCPの優位性を簡単にまとめて見ました。
Googleクラウドは今年東京リージョンのオープンを控え、上り調子です。GCPの導入実績No1のクラウドエースに是非ご相談ください。

IT Expo2016春の会場にて。



2015-09-06

吉積情報創立10周年

本日2015年9月6日、吉積情報は創立10周年を迎えました。
これもひとえに、ご愛顧頂いているお客様、協力頂いているパートナー様、従業員の皆様のお陰でございます。本当に心から感謝しております。

一昨日には、記念パーティを行いまして、80名の皆様に参加頂きました。
手作り感満載のパーティでしたが、楽しんで貰えたのではないかと思います。
参加頂いた皆様と作り上げてくれた従業員の皆さんありがとうございました。


さて、せっかくの区切りですので、改めて吉積情報のこの10年を私なりに振り返ってみようと思います。

1.黎明期(2005年〜2007年)

2005年7月にアクセンチュアを退職し、ぷらぷらしてたら古沢さんから「プロジェクトを手伝え」と言われ、手伝いつつ設立準備を慌てて実施、9月6日に自宅登記し、ほぼSIコンサルのみの個人事業に近い形でスタート。

2006年、自宅を四谷の若葉の一軒家に引っ越し、その地下を登記場所としてバイト等を募集しながらシステムアウトソース業務も開始。

2007年1月に秋田が第一号社員(役員)として入社。本格的にシステム開発やアウトソース業務を開始。秋田の最初の仕事はホームページ作成だったかな。
改めてブログとかも見なおしてみるとこのころのPVって未だにひと桁がパラパラとあります。秋田が数日に1回程度の頻度で書いていたのに、FBとかも無いし、シェアもされないし検索に引っかからないと全く人通りが無い、そんなブログになってました。
また2007年には第二号社員も入社し、徐々に大きくなっていきます。

2.転換期(2008年〜2009年)

2008年夏、転機となる年です。銀座の寿司屋で恒例の鮨会をハンズの長谷川さんと二人でしてた所、「GoogleApps知ってるか?」と。ちょうどたまたま面白そうだったので、SAML認証って何だろう?と言う感じで検証して自分たちでSSOを試して見てた所だったのですよね。特に仕事にするとかそういうのは考えてなくって。でもちょうどしてる!って話をしたら、じゃぁ提案してくれ、と。RFPを貰いまして。まぁまさか選択されるとは思わず、生涯初の自分がメインでの提案書を昔取った杵柄でも無い(アクセンチュア時代は提案書なんて書いた事なかった)中、一生懸命書いてみたら他を押しのけて採用された、のですね。「一番高かったけど、全部やるって言ったのはお前んとこだけやった」とのことでしたね。無茶な提案だったのかも知れません、年末の除夜の鐘を聞きながら100万リクエストとかをやってたらGoogleに怒られたのは今でも覚えてます。この年はまた人数が増えて来たので四谷から押上に引っ越しをしました。ちょうどスカイツリーがにょきにょき伸びてた頃でした。

2009年、4周年の頃は社員も8名になっており、そこそこ順調かなと思ってました。
が、この頃は未だ全然僕のコンサルとしての売上がほとんどを占めている状態の会社でした。この年度の売上は5千万円位ですが、恐らく3千万位僕の売上でしたね。
2009年以降徐々に人も増え、GoogleAppsの販売やその他SIの仕事が増えて行きました。が、これらの伸びは当初想定よりは全く低く、非常に苦労しました。やはりコンサルの仕事をしながら、そもそもやったことのない営業や製品開発、マーケティング等、全く幼稚なことしか出来てなかったこと、本業とは言えない売上であり方針も含めて全然ダメだったのだなと感じてます。後は多角化してダイビング事業とかも始めたのも上手く行かず、ちょっとこのあたりは正直伸び悩みの時期だったなと思います。
4周年の頃の10周年の目標は100人で10億でしたが、全く未達で残念な限りです。何とかここから加速して取り返したい。

2009年10月はまた銀座に引っ越し、もともと短期契約の予定でしたらね。

3.ドン底(2010年)

2010年は受難の年でした。6月に火災発生。けが人もなかったので良かったですが、原因も不明でしたし、これがケチのつけ始め。8月には経理担当の横領発覚、10月には一緒にAppsを立ち上げたメンバの退職、と。この時初めて一度だけ「会社を辞めたい」と取締役のメンバには相談しました。

4.停滞期(2011年〜2013年)

2011年10月、待望のGAEがSLA付きに!ここから業務システムを本格的にGAEで提案する、と言う成長・事業の柱が出来た感じがします。
ただ、伸びは非常に鈍化していた印象でした、やはりなかなか大きなシステム開発は取れないですし、それ程実績も無い中でしたのでGAE一本にも絞れず、吉積のSIで下支えしながら少しづつ無くても大丈夫な売上に本当に徐々に上げていくと言う地道な成長だった気がします。だいたい毎年1割〜2割位の売上伸び率でした。でもこの地道な努力と言うか伸びが今の転換期を支えて居るのだと思ってます。

5.転換期(2014年〜)

2014年3月、初めて売上が1億を超えました。そしてそこに吉積のコンサル売上はほとんど入ってない状態でした。また、クラウドエースを開始し、GCPに本格的に舵を切ってAWSと真っ向勝負開始になりました。
今年には、営業新卒を2名採用し、TBSさんと開発したCmosyやおひねりのひっそりとしたサービス開始等新しいサービスの展開も着々と進んでおり、GAEにおける業務システム開発も堅実に伸びてる中、一気に花開く予感がしてます。

10年と言う区切りにあたって、何も未だ成し遂げられてませんがとにかく生き残っていることには自分で自分を褒めてあげたいと思っております。
来年には11倍を達成せよとのご指示も頂いており、無謀とも思えますが、クラウドエースでIaaS市場を超拡大し、Cmosyで動画市場を席巻し、おひねりでコンシューマ向けの拡大、を行うことで夢では無いとも思います。

あらためまして、この1年、伸ばせるだけ伸ばしたいと考えておりますので、取引先・従業員の皆様のご協力を心からお願い申し上げます!





2015-06-19

Google Atmosphere Tokyo 2015 出展レポート

6月17日(水)・18日(木)の2日間、六本木ヒルズにて「Google Atmosphere Tokyo 2015」が開催され、弊社も、シルバースポンサーとして出展しました。
2日間で3619名のお客様にご来場いただき(主催者発表)、大変盛況なイベントとなりました!
その当日の様子を簡単ですが、今年もレポートでお送りいたします。

今年は前回開催のザ・プリンスパークタワー東京から会場を移し、六本木ヒルズのグランド・ハイアット東京での開催となりました。
期間中、Android 祭や GCPNext といったイベントも同時開催され、六本木ヒルズエリア全体がGoogle一色に染まりました。
グランドハイアット東京は基調講演、スポンサーセッション、Google Apps を活用したサービスの展示、TOHOシネマズ六本木では基調講演のライブビューイングやブレイクセッションが開催されました。
更にウエストウォークでは Chromebook の体験コーナー展示、外の大屋根プラザやヒルズカフェスペースでは、Android 祭が開催され、まさに六本木ヒルズ全体をジャックしての一大イベントとなりました!



写真はグランド・ハイアット東京の開場前の弊社ブースの様子です。

今年はGoogle Atmosphere の展示も2階と3階、2フロアにわたっての展示となりました。
弊社は2階で、昨年から6月からサービスを開始したGoogle Cloud Platform の導入支援サービス『Cloud Ace(クラウドエース)』のご案内をさせていただきました。
期間中は沢山のお客様にお立ち寄りいただき、ありがとうございました。
今回は少々通路が狭かったため、混雑時始め、イベント開催中不行き届きの部分もあったかと
思いますが、ご容赦頂けますと幸いです。

サービス開始から1年、ブースにお立ち寄り頂きましたお客様からは「知ってますよ!」とのお言葉もいただき、サービスが大きく成長したことを実感できて、とても嬉しく思いました。
なお、こちらですが、7月14日(火)と8月18日(火)、Google と共催で Google Cloud Platform セミナーを開催します!5月開催時に定員オーバーで大変好評だったAWS・Azureとの違いを始めとした他社クラウドとの違いを解説するとともに、GCPの特徴や、導入にあたってのメリット、使い方などをわかりやすく解説します。

<AWS・Azureとの違いを知りたい方へ。Google Cloud Platform セミナー>
http://www.cloud-ace.jp/event/

7月は残席が少なくなってきていますので、お申し込みはお早めに。
クラウドサービスのご活用に興味のあるみなさまのご参加を心よりお待ちしています!


2日目には、アカデミーヒルズ内で、Google Cloud Platform グローバルイベント「GCPNext」も開催されました!


Atmosphere の会場からは少々遠かったので、残念ながらじっくりは見学できませんでしたが、こちらも大盛況でした。
午前に行われた基調講演は満席、午後のセッションもデベロッパー、ビジネスともに満席で、新情報、活用事例がとても充実していたと聞いています。

グローバルイベントが開催されるほど世界中から大いに注目されている Google Cloud Platform。 今後もこれからもっと多くの方々に利用していただけるようなプラットフォームに育つよう、弊社スタッフ一同、頑張ってまいります。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。



2015-01-04

新年の抱負2015


旧年中は皆様お世話になりました。

昨年の大きな出来事としてはGCPの日本での本格的起ち上げに合わせて、KCCSさんとともにクラウドエースを起ち上げました。また、それに合わせてGCP入門という書籍の出版、GoogleAtmosphereへの出展、InterBEEでの講演とマーケティング的には非常に充実した一年でした。
クラウドエースは当社の次期基幹事業の一つになるものですので、本年も引き続き全面に押し出して行く予定です。

さて、早速恒例の昨年の目標のふりかえり、今年の目標を記載したいと思います。

■去年の目標の振り返り

・GCP(Google Cloud Platform)の業務システム開発No1の座を確固たるものにする!

>昨年のGoogleのクラウドプラットフォームの拡張に伴い、目標を少し大きくしました。
>GAEについてはほぼほぼ固い状態になってきたこともありますし、そちらを確固たる状態>にするたみにも、
>GCP全体としてのサポート体制は必須と思います。
>GCEについても事業として立ちあげ、AWSからの移行サービスも立ちあげます。
現状で、GCPにおける販売では完全にリーディングカンパニーになってると思いますので、まずは一旦達成ということで良いかなと思います。
昨年はBooBoクラウドの件等、テレビ業界の方とも幾つかお付き合いが出来てますし。

・売上2億!人員20名!

>これは昨年と同じになってしまいましたが、今年はある程度固いレベルで持っていく予定>です。
現状17名です。売上もギリギリ達成出来てませんね。
2年連続で未達になってしまいました。なかなか数字を作る所は苦戦してます。

・定常の粗利を30%に

>保守、ライセンス売上が現状相当低いため、経常が安定しない状態が続いてます。
>来年末までにはそのぐらいになるように持って行きたいと思います。
>そのためには、既存顧客を大事にしつつ、繋吉の拡販と保守を頂ける開発を取ることを優>先して行きます。
これも未達ですね。売上がやはり2億の予算達成に満たなかった所が大きいです。
特にクラウドエースはまだまだ伸びが足りず、計画を大幅未達になってます。

・スマセルの黒字化

>これは上記にも関連しますが、進学コム事業がうまく行かないことにはこれまでの投資も>無駄になってしまうので、
>何としてもスマセルの黒字化を必達します。
これも未達です。が、日本教育基準協会の起ち上げにより徐々に盛り上がって来ており、大学奨学金ガイドがそこそこ好評ですので、何とか上向きにはなってきているかなと思います。

・ダイビング事業の単体黒字化

>引き続き、です。
今年もいろいろ新規で起ち上げたのですが、なかなかうまく行きません。

・新規事業の立ちあげ

>新規でスポーツ関連で事業立ちあげを考えてます。
>今年はこちらをやりたいので、一旦飲食は諦めます。
>来年こそは飲食を始められるように頑張りたい。。。。
これは、スポーツ関連が立ち上がりませんでしたが、クラウドエースは新規事業同然なので新規事業立ち上げたということでOKでしょう。

結局2/6しか達成出来てないという惨敗具合です。。。
それなりに努力したつもりでしたが、未だ全然足りないようです。頑張ります。

■本年の目標

・GCPの売上世界No1

GoogleCloudPlatformにおける売上で世界No1を目指します!ちょっとここは大きく出てる部分もありますが、真面目に達成可能な範囲と思ってます。

・売上2億!人員20名!

これは3年連続になってしまうので、上記の目標とは一致しませんが、手堅くいっときます。(本当は3億と行きたい所ですが。。。)

・書籍の発売2冊

昨年出したGCP入門の改訂版と、GAEの開発における書籍を出したいと計画してます。

・定常の粗利を30%に

これも継続になりますが、クラウドエースでの売上が定着すれば十分可能かと思います。

・スマセルの黒字化

これも継続ですが、今年こそは日本教育基準協会からの売上が定常的に入ってくる予定になってますので、何とかなりそうな見込みです。

・ダイビング事業の単体黒字化

引き続き、です。何とかシーパスによるオンライン学習でのCカード取得を日本に定着させたい。

・新規事業の立ちあげ2件

これも継続ですが、これは確実に今年二件実施します。スポーツ関連とBooBoクラウド関連です。
飲食はまた今年は厳しいですね。来年持ち越しか。。

今年は、「クラウドエース」「GAE業務システム開発」「新規事業」の3本を柱に「繋吉」サービスの拡販とサービス追加により足元を固めるという形で成長して行く予定です。
特に新規事業の中でもテレビ・映像共有関連のソリューションを展開することで、映像業界に打って出る考えですので、こちらを何とか形にして行きたいと考えてます。

以上、昨年の振り返りと本年の抱負になります。
引き続き、お付き合い頂けている皆様と共に成長して行ければと思いますので、何卒ご協力の程、よろしくお願い致します。

2014-07-31

Google Atmosphere Tokyo 2014 出展レポート

 7月30日、31日の二日間、ザ・プリンスパークタワー東京にて Google Atmosphere Tokyo 2014 が開催されました。今年は弊社、京セラコミュニケーションシステム株式会社と共同で、初のゴールドスポンサーとして出展いたしました。

 主催者発表では、二日間で3536名のお客様にご来場いただき、おかげさまで、非常に多くのご来場者の皆様に弊社ブースにもお立ち寄り頂き、大盛況であっという間の二日間でした。熱気冷めやらぬうちに、出展レポートをお送りします。

 

 今年は、出展社も増えて、非常に賑やかな展示ブースでした。昨年に比べて座るスペースが増えていた点が、来場者の方にも好評で良かったです。



 展示準備が終わった弊社ブースです。今年は、6月2日にサービスを開始した、Google Cloud Platform の導入支援サービス、『Cloud Ace』をメインに出展しました。早速、昨日の Partner Summit で受賞した Award の表彰状もデコレーション。賑やかな展示ブースになりました。

 そして今年は、8月9月で開催を予定している『Cloud Ace』の Google Cloud Platform セミナーにその場で参加申し込みいただくと、なんと7月31日に発売されたばかりの弊社代表の吉積が書いた『Google Compute Engine 入門』をプレゼントするキャンペーンを行いました。キャンペーン効果もあって、非常に多くのお客様にブースにお立ち寄り頂きました。どうもありがとうございました。当日は対応に行き届かない部分などもあったかと思いますが、平にご容赦頂ければと思います。説明をもっと詳しく聞きたかった、というお客様は、ぜひ、セミナーにてお待ちしております!

 一日目にはスポンサーセッションにて、『導入担当者様必見! Google Cloud Platform の詳細なレビューから見る特徴と活用の勘所』というタイトルで、弊社の吉積が Google Cloud Platfrom についてお話させていただきました。


 こちらもおかげさまで大入りで、多くのお客様に、 Google Cloud Platform の魅力をお伝え出来たのではないかと思います。


 もちろん、『Cloud Ace』のご紹介も行いました。弊社の新サービス、最高の形でお披露目が出来て、スタッフ一同大喜びです。

 また、二日目には『 gcp ja night x Tokyo GAS 』ブースで、『国内初!Google Compute Engine入門書籍の著者によるGCEライブ解説』というお題でもお話させていただきました。お題のホワイトボードが手書きで可愛いですね。


 こちらのブースでも、たくさんのお客様に足を止めて頂き、Google Cloud Platform への関心の高さを実感しました。


 これからどんどん、Google Cloud Platform の活用シーンが広がってくるのではないかと思いますので、お困りの際は、気軽に弊社の『Cloud Ace』にご相談ください!

 更に今年はなんと、バックインサートで配布された週刊BCNのvol.1540(2014/07/28発行)号で、『Cloud Ace』の取材記事が掲載されてます。ご来場頂いた皆さん、ぜひ、穴が開くほど読んでくださいね!

 ちなみに今年は会場で、Google Cloud Platform への皆様の期待感を実感したのですが、ASCII.jpでも『Google Cloud Platformは第3の選択肢になれるのか?』と題して、基調講演の内容を紹介しており、いよいよ日本でも本格的な展開フェーズに入ってきた印象です。

 最後に、お隣にブースを出されていたJSOLさん、Google の Cloud Platform の担当者さんと集合写真を一枚。


 このメンバーの頑張りで、本当に Google Cloud Platform が第3の選択肢になれるかがかかっていると言っても過言ではないので、日本でも広く使われるプラットフォームになるよう、スタッフ一同、気合を入れて頑張ります!

 ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。


p.s.
KCCS様のイベントレポートのページでも、当日の様子をご紹介頂いております。
http://www.kccs.co.jp/topics/2014/027/index.html
こちらもぜひ、ご覧ください。

2014-07-29

弊社代表の吉積が、2014 Google Enterprise Japan Partner Award の Google Cloud Platform 部門を受賞しました。

 Google Atmosphere Tokyo 2014 に先駆けて、7月29日に開催された Google のパートナー向けイベント、Google Partner Summit 2014にて、弊社代表の吉積が、大変名誉なことに、2014 Google Enterprise Japan Partner Award の Google Cloud Platform 部門を受賞しました。



 吉積情報としては、悲願の Award 受賞でして、全社を挙げて喜びに打ち震えております!
早速ですが、当日の様子をイベントレポート形式でお届けします。


 弊社も毎年参加しているPartner Summit ですが、年々参加者が増えてきている印象で、会場の座席数から推測するに、今年は300人を超えているくらいは参加されていた印象です。Google のエンタープライズビジネスが、順調に、そして本格的に立ち上がってきていることを実感しました。

 当日は、3時間半ほどかけて Google から、パートナー向けの最新情報を聴くことができます。残念ながら、内容をそのままお伝えすることは出来ないのですが、今後のエンタープライズ向けビジネスの展開を理解する上で、非常に重要なメッセージがいくつも発信されました。聴く方も真剣です。今年はやはり、chromebook や chromebox for meeting などのハードに関する情報と、 Google Cloud Platform 関連の情報に力が入っている印象でした。

 そして、その後はお楽しみの懇親会。ここに来て、懇親会っぽい写真を撮り忘れていた事に気づきました。すみません。毎年、Googleの文字が飾り切りされたスイカとか、非常に華やかな雰囲気ですよ。

 冒頭で紹介した Award の発表は、この懇親会の最大のお楽しみです!今年は、ワールドカップに掛けて、11部門のベストプレイヤーとして、11名の方が表彰されました。


 弊社の吉積は、Google Cloud Platform 部門での受賞です!


 ベストイレブンの皆様と記念の一枚。(吉積は左から3番目)
今年も、そうそうたるメンバーが表彰されておりました。皆さん、おめでとうございました。


 賞状と名前入りユニフォーム、そして右後ろの紙袋には chromebook pixel と、豪華な副賞も頂きました。来年も受賞できるよう、そして、弊社の新サービス『Cloud Ace』で、Google Cloud Platform をより多くのお客様に使って頂けるよう、がんばりたいと思います!引き続きよろしくお願いします。


p.s. なんと今年の Partner Summit は、懇親会後に参加者全員に、先日日本でも販売が開始された話題のガジェット、 chromecast をプレゼントして頂きました。さすが Google さん太っ腹!

2014-01-05

新年の抱負2014


旧年中は皆様お世話になりました。

この一年はメンバを急拡大させたことや新規事業の立ちあげもあり、若干苦しい自分もありましたが、
昨年採用したメンバも含めて頑張ってくれたので何とか年を越せました。
本当にいつもお世話になっている皆さん、社員の皆さんには感謝しか無いです。

恒例の昨年の目標のふりかえり、今年の目標を記載したいと思います。

■昨年の目標のふりかえり

・GAEの業務システム開発No1の座を確固たるものにする!

>この分野では圧倒的なNo1を目指します。
>ベトナムとの協業体制も組み、柔軟な開発体制を敷けるよう、案件と両輪で拡大をしていきます。
確固たるところまでいけてるかどうかは分かりませんが、かなりイイ線迄は行ってると思います。
昨年の実績として、取り敢えず、実績の無い会社さんが一から全国で探して、ウチをパートナーとして選んで頂き、
50人月以上の開発のお手伝いをさせて頂く機会を貰ってます。
この調子で、案件開発と要員の調達の両輪を今年も邁進します。

・売上2億!人員20名!

>恐らく本年の売上着地が1.2億位になると思います。昨年対比で1.5倍くらいは行ってるので、
>この流れを継続します。もう少し欲をかいて2億の大台を目指したいと思います。
>今年こそは退職者ゼロを。。。。
ちょっと継続は出来ませんでした。。。ほぼトントンからちょっと上くらいかと。
具体的には新しくそこそこの規模の業務システム開発を始めたところ、正直いろいろトラブりまして、
売上拡大に力を入れる余裕が無かったことが原因でした。何とかその経緯を血肉として今年こそ。
退職者ゼロも達成出来ませんでしたね、1名は出てしまいました。
これはそろそろ15,6名まで来た現状はゼロってのは難しいですね。

・社長SI比率を売上の10%以下に

>これは今年こそは実現したいです。月150万位に抑えて、全体の売上が15Mをコンスタントに出せる感じを目指します。
>そして、全体に目が届くようにして快適・スムーズに業務が回るように整理する時間を取りたいです。
これはほぼ達成ですね。今年は1千万をちょっと切るのでは無いかと思います。
今後はマーケティングと売上拡大、社内体制の整備、新規事業立ちあげに注力したいと思います。

・スマセルの新規事業の立ち上げ

>まだ発表できませんが面白いのを企んでます。収益化は来年になると思いますが、今年とにかく話題にはなるように。
一応、9月に進学コムを立ちあげました。
が、現状利用者数もなかなか伸びず苦戦している状況。
何とか今年は打開していきます。

・ダイビング事業の単体黒字化

>現地サービス等の新企画もあるため、何とかなるのではと遂に目処が立って来ました!!!
こちらについては完全に失敗。。。今年こそ。。。

・外食事業の立ちあげ

>今年こそは夢の外食事業を立ちあげたいです。秋頃には!
無理でした。

■本年の目標

・GCP(Google Cloud Platform)の業務システム開発No1の座を確固たるものにする!

昨年のGoogleのクラウドプラットフォームの拡張に伴い、目標を少し大きくしました。
GAEについてはほぼほぼ固い状態になってきたこともありますし、そちらを確固たる状態にするたみにも、
GCP全体としてのサポート体制は必須と思います。
GCEについても事業として立ちあげ、AWSからの移行サービスも立ちあげます。

・売上2億!人員20名!

これは昨年と同じになってしまいましたが、今年はある程度固いレベルで持っていく予定です。

・定常の粗利を30%に

保守、ライセンス売上が現状相当低いため、経常が安定しない状態が続いてます。
来年末までにはそのぐらいになるように持って行きたいと思います。
そのためには、既存顧客を大事にしつつ、繋吉の拡販と保守を頂ける開発を取ることを優先して行きます。

・スマセルの黒字化

これは上記にも関連しますが、進学コム事業がうまく行かないことにはこれまでの投資も無駄になってしまうので、
何としてもスマセルの黒字化を必達します。

・ダイビング事業の単体黒字化

引き続き、です。

・新規事業の立ちあげ

新規でスポーツ関連で事業立ちあげを考えてます。
今年はこちらをやりたいので、一旦飲食は諦めます。
来年こそは飲食を始められるように頑張りたい。。。。

以上です。

プライベートの方はここに書くんじゃなくて、G+の方に書きました。

色々仕事も課題がありつつも、今年は景気向上に乗って良い年にしたいと思います!
本年も皆さん宜しくお願いします!

2013-09-07

8周年

皆様に支えられ、遂に吉積情報も8周年を迎えました。
昨日は40名近くの社員・家族・協力会社等の皆様と船上パーティで8周年をお祝いすることが出来ました。
毎年ここだけは、無い袖を振り絞ってのお祝いです。本当に感慨深いものでした。

今年は、GAEでの業務システム開発が本格的になって来て、非常に面白いことになって来ております。
昨日訪問したお客様先でもGAEの開発だと一番ですね、と言って頂きました。ほんと、嬉しいです。
で、「いや、ダントツの一番を目指してますから」と応えておきました。
社員のみなさん、よろしく、がんばりましょう!

後でパーティ画像は共有する予定。誰か送ってくださいー。


2013-07-25

Google Atmosphere Tokyo 2013 に出展いたしました

 先日7月17日(水)に東京で開催されたGoogle Atmosphere Tokyo 2013に、
吉積情報株式会社はシルバースポンサーとして、出展いたしました。

 まずは昨年に引き続き、非常に多くの方々に弊社のブースに来場いただきました。
この場を借りて改めて深くお礼申し上げます。

 今年の吉積情報ブースでは、昨年から更にパワーアップしたGoogle Apps for Business向け機能拡張サービス「繋吉(つなよし)」 に加えて すでに沢山のお客様にお問い合わせをいただいている「Google App Engine 業務システム開発サービス」をご紹介しました!
特に昨年リリースしたGoogleドキュメントと100%連携の繋吉ワークフロー、デザインを一新したグループカレンダーには、前回を大きく上回るみなさまの反応、高い評価をいただくことができ、スタッフ一同とても手応えを感じたイベントとなりました!

 また、今回新しく吉積情報の商品ラインナップに登場したGoogle App Engineを
使った業務システム開発
こちらにも沢山のお客様に興味を持っていただくことができました。
Google Apps for Businessを始めとしたGoogleの様々なクラウドサービスが、
みなさまの仕事の一部として定着し、さらなるクラウドの活用方法を探されているお客様が多いことを実感できました。
 今後、どんどんGoogle App Engine 、Googleクラウドプラットフォームを活用した、新しい仕事のスタイルをみなさまに提供出来るよう、より一層社員一同頑張っていきたいと思います。


 イベント開催中は、大変多くの方に展示ブースにご来場いただきましたが混雑の
ため、ご案内はじめ対応が行き届かなかった部分もあったかと思います。
ご容赦のほど、お願い申し上げます。

また、8月21日(水)には、Google社が協賛の「Google App Engine業務システム開発セミナー」を開催し、Google社のスペシャリストと共に、Google クラウドプラットフォームを活用した業務システムの特徴、メリットについてふんだんに導入事例を交えながらご紹介予定です。

セミナー詳細につきましては、こちらからご確認ください。
是非みなさまのご参加をお待ちしております!!




さて、遅くなってしまいましたが、当日の様子をご紹介致します。

会場の様子。



会場は昨年に引き続きプリンスパークタワー東京での開催です。
今年のテーマ「Work The Way You Live. -いつもと同じを、グーグルで。」が大きく掲げられて
いました。



弊社ブースに到着すると・・・





Googleストリートビューでお馴染みのこのマークスタンドが出迎えてくれました!
かなり大きくて子供くらいの大きさがありました。
別の場所にはピンマークのスタンドもありました。皆さんみつけられましたか~?









セットアップ完了後の弊社ブースです。
昨年に引き続き今年も早朝からパンフレットをせっせと準備しました。(一部では名物になってるような??)
今年は去年よりパワーアップしたのと、スタッフの人数が増えたため、昨年よりも短時間で準備を終える事が出来ました!



 今年はブースでの展示、説明に加えて、シルバースポンサーもミニシアターブースにて、ミニシアターセッションを行いました。
弊社からは秋田が「Google App Engineを使った業務システム開発サービス」についてをご案内。14:10からセッションを行いました。

大好評のミニシアターセッションの様子をパチリ。





たくさんの方にご清聴戴き、大盛況のうちにミニシアターセッションを終える事が出来ました。
ありがとうございました!




昨年に続き出展できたので、準備や資料の配布などは慣れた所もあり素早くできましたが、
やはり足の疲れには勝てず…今年も皆足が棒になりました(苦笑) 
来年のウラ課題として体力づくりもこっそり上げたいと思います。

また来年もこのイベントで、繋吉シリーズを始めとした多くのGoogle活用サービスのご紹介が
出来るように、開発、営業共に頑張りますので、変わらぬご声援よろしくお願いします!











--おまけ--


終了後に移動待ちのテスラS。Google MAP APIが搭載されている電気自動車です。
コンソールはすべて17インチのタッチスクリーンで操作。カッコ良かったです!



2013-07-23

Longineのリリース

大変ご無沙汰してしまっておりました。

この2ヶ月半ほどは本当に怒涛の忙しさでして。
それも、このLongine(ロンジン)のリリースがあったからです。

6月26日付けのリリースですが、やっと手が掛からないようになってきました。
またその後すぐGoogleAtmosphereと言うイベントがあったため、報告遅れました。

これもまたGAEでの開発でしたが。
今回は弊社として初の取り組みがいくつもありました。

-B2Cの有料サービス
-ネット決済の仕組み
-本格的にWebでのスマフォ対応

上記の技術的チャレンジを含めて、開発開始から約2.5ヶ月でリリースできたのは、
GAEならではと弊社社員の皆のコミット力の高さの賜物だなぁと自負しております。


ロンジンについての紹介は、「ロンジンのサービスとは」の方を見て頂ければわかりますが、
非常に有意義且つ勉強になる情報があります。
業界の方からは「こんなメンバ揃えられるなんて信じられない」といわれるほどの執筆陣を揃えてます。
「これが1000円ってのは安すぎる!」、という声が多く聞かれます。

色々な値付け案があった中、やはり。

個人投資家に正しい情報を多く知ってもらい
日本の株式市場を活性化・裾野を広げて安定化させる

ことが我々の存在意義でしょう。
という所で一般の方でも気軽に購入出来る金額としてこれ以下は無い、
という位の金額設定としたつもりです。

是非皆様にご登録頂けるとと思います。
無料登録して全くリスク無く辞めて頂けることは可能ですので。

一応、6月24日付けの日経新聞にも掲載されてます。


次回Atmosphereの感想と言うか、所感をUpしたいと思います。

2013-01-08

新年の抱負2013



新年明けましておめでとうございます。

この一年はこれまでと比べると比較的順調に推移した年かなぁと思います。
一昨年6名採用したメンバがそれぞれ社内で重要な役割を果たしてくれるようになり、
後半からは順調に売上も伸びて来ております。
昨年立てた目標には届かなかったところもありますが、堅実に伸ばせて来たと思います。

恒例の昨年の目標のふりかえり、今年の目標を記載したいと思います。

■昨年の目標のふりかえり
>1.Googleトータルソリューション企業としての位置づけを獲得する
>これまで特徴性を打ち出さず、顧客のためになることは何でもやるスタンスでしたが、特に上記を明確に意識し、
>SI会社の裏で更にサポートするような技術色の強い会社として行きたいと思います。
→これは着実に固められてると思います。ポジショニングとしてGAEの開発をメインにエッジをたて、
 ガートナーさんへの情報提供はメディアへの露出も少しづつ出てきて、
 GAEだからうちへ、というお客様やまた、GAEをやりたくてうちに、という社員も出てきてます。
 3年前から言って居た、GAEでの業務システム開発No1のポジショニングがかなり固まって来た状態です。

>2.ダイビング事業単体での黒字化
>そのままですが、どげんかせんといかんですので、今年は心に決めました。
>モノは揃ったので、後はどう活かすか、だと思っております。
→これはちょっと微妙なラインのように思われます。。。
 正確な数字はこれから見てみます。

>上記に対しての個別の目標は以下です。
>・繋吉製品の販売拡大
>-マーケットプレイスでの販売開始(3月迄)
→出来てません。。。無念。

>-ワークフロー、タイムカード(勤怠)のオプションの販売
→ワークフローは無事出せました。タイムカードはもうすぐです。

>-代理店経由での売上増加
→これはかなり増加してます。Softbankテレコムさんなど大手とも契約して頂けてます。

>-多言語対応
→出来てません。。

>あたりは少なくとも実施する想定です。
→ちょっとこのあたりの技術的なトライは、途中別の開発案件に人を突っ込んだ影響もありなかなか進められてませんでした。

>以下はNiceToHaveですが。
>-CMSツールの新規開発
>-ITIL対応保守ツールの新規開発
→これは結局出来ませんでした。残念。

>・アワードの取得
>今年はGoogleのアワードを積極的に狙って行こうと思います。
→これは全然無理でしたね、はい。。。ちょっとやはり厳しい気がします。

>・売上
>初めて売上を目標にしてみますが、年の売上で1億は必達で超えます。
>来年度で行くと1.5億を目指して。今年度の1億はギリギリ厳しい見込みです。
→これは行けました。年度1.5は厳しそうですが。1は軽く超えそうです。これはめでたいのでお祝いしなければなりません!

>・人員増加
>最低3名増員です。今年は一人も辞めませんように。。。
→年初の2月に家庭の都合で退職者が出ました。その後年内1名、今年の年初に1名で都合1名増加にとどまりました。。。

>・社長SI比率を売上の10%以下に
→これは無理でした。やはり2割はありそうです。今年こそ。。。

>・ダイビング事業単体での売上2000万円
→これも後一歩ですかね。

>・スマセルの事業化
>今のところ売上には繋がっておりませんが、社会的なニーズには合ってると思ってます。何とかしていきます。
→ちょっと難しそうなので別のアプローチで今年は新規事業を立ちあげます。


>■個人的な目標
>・東京マラソンの完走(ダイエットも)
→感想はしました!ダイエットは失敗です。。

>・週一の自炊
→全然無理です。。。

>・婚活
→少しは進展してる、かな。

全般的にあまり達成率は良くないようです。。
ただ、全然ダメってことも無くて大筋の方向性としてはかなり好転してると思います。
今年はがっつり行きたいと思います。

■今年の目標
・GAEの業務システム開発No1の座を確固たるものにする!
この分野では圧倒的なNo1を目指します。
ベトナムとの協業体制も組み、柔軟な開発体制を敷けるよう、案件と両輪で拡大をしていきます。

・売上2億!人員20名!
恐らく本年の売上着地が1.2億位になると思います。昨年対比で1.5倍くらいは行ってるので、
この流れを継続します。もう少し欲をかいて2億の大台を目指したいと思います。
今年こそは退職者ゼロを。。。。

・社長SI比率を売上の10%以下に
これは今年こそは実現したいです。月150万位に抑えて、全体の売上が15Mをコンスタントに出せる感じを目指します。
そして、全体に目が届くようにして快適・スムーズに業務が回るように整理する時間を取りたいです。

・スマセルの新規事業の立ち上げ
まだ発表できませんが面白いのを企んでます。収益化は来年になると思いますが、今年とにかく話題にはなるように。

・ダイビング事業の単体黒字化
現地サービス等の新企画もあるため、何とかなるのではと遂に目処が立って来ました!!!

・外食事業の立ちあげ
今年こそは夢の外食事業を立ちあげたいです。秋頃には!

■個人的な目標
・ダイエット(81.7→68)
年末年始やり過ぎたらかなり太ってしまいました。
昨日は81.7でした。68目指す!5ヶ月かけて頑張る想定です。

・スーパーフライヤーズカードの取得
今年、目指して頑張って見ようかと思います。
取り敢えず、徳島の往復はANAで行って来ました。
2,280pt/50,000(達成率:4.5%)
大阪の往復も頑張って全部ANAにする予定です。

・婚活
がんばりむあす。

以上です。
色々仕事も課題がありつつも、今年はほんとうに良い年になりそうです!
本年も皆さん宜しくお願いします!


2012-07-16

Google Atmosphere on Tour 2012 東京 に出展しました。

先日7月10日に東京で開催されたGoogle Atmosphere on Tour 2012に、吉積情報株式会社はシルバースポンサーとして、出展いたしました。

当日は、非常に多くの方に弊社のブースにお越しいただき、展示しておりましたGoogle Apps for Business向け機能拡張サービス「繋吉(つなよし)」をご紹介させて頂きました。
特に新しくリリースした繋吉ワークフローについては、事前の予想を遥かに上回るご好評を頂き、スタッフ一同、ワークフローに対して確かな手応えを感じることができました。
ご来場頂いた皆様には、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

展示中は少しドタバタとしてしまい、説明など対応の行き届かなかった部分などもあったかと思いますが、ご容赦頂ければと思います。7月31日(火)には、「中小企業の皆様向けGoogle Appsセミナー」を開催し、繋吉シリーズのご紹介も行う予定ですので、ご都合つくようでしたら、ぜひご参加頂ければと思います。

さて、少しレポートが遅くなってしまいましたが、簡単に当日の様子をご紹介します。

↓会場の様子。さすがザ・プリンスパークタワー東京。ゴージャスです。



セットアップ完了後の弊社ブース。皆さんが基調講演をお聞きの間、展示ブースではスタッフ一同による怒涛の準備が進んでおりました。 間に合って良かったです。





















展示時間中は、ブースにて繋吉をご紹介。
熱心なご質問頂き、ありがとうございました。また、製品に対するフィードバックも数多く頂き、大いに今後の開発の参考になりました。












さすがに一日立ちっぱなしで、最後の方は結構疲労困憊でした。そんな簡単に足が棒になる、なんてことはないと思っていたのですが、普段座り仕事が多いと、案外簡単に足が棒になりました…。 

来年もまた、このイベントでより多くの繋吉シリーズの製品を皆様にご紹介できるよう、開発に営業に頑張ります!ご声援よろしくお願いします!


2012-06-26

GoogleI/O2012に行って来ます

凄い久しぶりの更新ですが、明日からGoogleI/O2012に行って来ます。
Googleの開発者イベントで、サンフランシスコで5000人世界中から集まります。
参加するには3日間で900ドルという費用がかかります。実際はほぼ全てYoutubeで公開されるみたいなので、何の意味があるんだ?という向きもあるかも知れませんが。。。
大人気で申込から20分でSoldOutのようでした。
一応色んな開発者とお知り合いになってくるという事も目的の一つで。

セッションの内容等がどんどん公開されだしたのですが、GoogleAppEngineをはじめとして、まぁよだれが出るくらい聞きたい内容がほんとにたくさんあります。かぶりまくってて困ります。。ヒアリング出来るかしらと思いますが。。。頑張って来ます。

戻ってきたら翌週またGoogle Atmosphereがあり、そちらには弊社として初めて出展します。
WFSのマーケットプレイス版もご紹介出来る予定です!


2012-01-03

新年の抱負2012


新年明けましておめでとうございます。

昨年は一昨年に比べて非常に落ち着いた一年だったと思います。
昨年も技術部長の退職や、夏頃は失注の連続で赤字になったりなど大変なことはありましたが、
一昨年から比べると可愛いもんでした。
って言うかやはり一昨年を経験すると結構怖いものなくなりますね。
昨年は年末からは上向きになって来ており、今年も何とかやって行けそうです。

今年も飛躍の年としたいと思います。
ちょうどこれまでの目標を見返しておりますと、
毎年飛躍の年と位置づけているような感もありますが。。

去年は2人退職者がありましたが、新卒含め6名採用しました。
かなり新しいチームになったこともあり、地固めが必要でした。
今年は一致団結したチーム一丸となり、飛躍の年と何としてもする所存です。

恒例の昨年の目標のふりかえり、今年の目標を記載したいと思います。

■昨年の目標のふりかえり
・繋吉製品の販売拡大
繋吉のクラウド化により、マーケットプレイスに重点を絞って拡販を行いたいと思っております。
→残念ながら技術部長の退職が響き、マーケットプレイス化には至りませんでした。が、年明け年度内には達成する見込みで進めております。
しかし、繋吉についてはマーケットプレイス以外で市場においてある程度の認知度を得、
協力会社さんも含めて販売代理店の拡充(昨年頭はハンズさんのみ)も達成し、売上が上がって来ております。

・社員の増加
今年も引き続き、5名程度増員したいと考えております。
→2名退職で6名採用なので、4名増員です。少し達成出来ませんでしたが、まぁ及第点でしょうか。

・ダイビングサイトリニューアル
今年はダイビングサイトのリニューアルを行い、AppEngine上に再構築し、ダイビング業界のNo1サイトとして確固たる地位を築きます。
その上でシーパスを含めた利用者の増加による収益化を達成します。
→実施しました。No1サイトと言える形になったかは難しい所ではありますが。それでもAppEngine上での構築と一応はソーシャル対応したサイトとなったと思います。

・技術面での対応力強化(継続)
AppEngine(Java)での開発におけるリーディングカンパニーを目指して継続的に社員採用を行います。目指すは「難しい案件は吉積情報に」です。
→ここは狙い通り、今年は地固めとして技術メンバを中心に採用しましたし、良くなったと思います。おかげ様でGoogle周りではGAEのプレミアムアカウントも日本第一号となりましたし、非常に良いと思います。

今年は、既存事業の収益化と確固たる地位の確保に注力し、新規事業については一旦お休み(企画化は行いますが)することを考えてます。
→結局スマセルを初めてしまいました。但し、私一人+協力会社と行なっているので、社内リソースはほぼ使って無いです。

■今年の目標
大きく2大目標を上げると。
1.Googleトータルソリューション企業としての位置づけを獲得する
これまで特徴性を打ち出さず、顧客のためになることは何でもやるスタンスでしたが、特に上記を明確に意識し、SI会社の裏で更にサポートするような技術色の強い会社として行きたいと思います。
2.ダイビング事業単体での黒字化
そのままですが、どげんかせんといかんですので、今年は心に決めました。
モノは揃ったので、後はどう活かすか、だと思っております。

上記に対しての個別の目標は以下です。
・繋吉製品の販売拡大
-マーケットプレイスでの販売開始(3月迄)
-ワークフロー、タイムカード(勤怠)のオプションの販売
-代理店経由での売上増加
-多言語対応
あたりは少なくとも実施する想定です。
以下はNiceToHaveですが。
-CMSツールの新規開発
-ITIL対応保守ツールの新規開発
も狙ってます。余力があれば、ですが。。。
・アワードの取得
今年はGoogleのアワードを積極的に狙って行こうと思います。
・売上
初めて売上を目標にしてみますが、年の売上で1億は必達で超えます。
来年度で行くと1.5億を目指して。今年度の1億はギリギリ厳しい見込みです。
・人員増加
最低3名増員です。今年は一人も辞めませんように。。。
技術2名・提案型営業兼コンサル1名程度を想定してます。良い人がいれば是非ご紹介下さい。
うまく案件が取れると倍増もあり得ると思いますが、今年は昨年投資した分、収益率を上げたいとも考えてます。
・社長SI比率を売上の10%以下に
一昨年までは恐らく半分近くを占めていましたが、昨年は2割位になったかと思います。今年は1割以下、もしくはゼロに近い数字にしたいと思います。
・ダイビング事業単体での売上2000万円
現状の人員で、恐らく2000万程度あれば損益分岐を超えると思いますので。
今年こそはスマセルを一人前にして1000人規模の取得者を目指す等、細かい部分は色々ありますが。
・スマセルの事業化
今のところ売上には繋がっておりませんが、社会的なニーズには合ってると思ってます。何とかしていきます。

上記を実施するために必要なことは何でもやって行く予定です。
年明け色々戦略を練って行きます。

関係各位、本年もご協力をよろしくお願い致します。


■個人的な目標
興味無いかも知れませんが。
・東京マラソンの完走(ダイエットも)
何をおいてもまずはこれですね。
・週一の自炊
なんだかちょっと頑張りたいです。週一で食材が無駄になろうとも。
・婚活
ま、やはりそろそろ。。。
としておきます。

本年もよろしくお願い致します。

2011-11-11

App Engine Premier account になってみた(日本第一号)


 弊社はGoogleトータルソリューション企業として、AppEngineには非常に力を入れております。

その証拠にも、AppEngineがこの11月にプレビューを終えて、正式サービスとしてオープンするにあたり、 いち早くそのプレミアアカウントになるべく契約準備を進めて参りました。

その結果。。。なんと、日本におけるプレミア契約第一号という栄誉を頂きました。

記念すべき第一号です。いやぁ、嬉しい限り。
ぶっちゃけ、なんとなく契約手続きの進みが遅いので、慣れてないなぁ、初めてかなぁと言う雰囲気は感じておりましたが、先日Googleの松尾さんに伺いまして。
正直でも世界でも100番以内位には入ってるんだろうなぁとは思います。ほとぼりが冷めたら聞いてみたい所です。

さて、そんなわけで、初のPremierアカウントと言うことで、どういう感じになるのか、
簡単にご紹介しておきます。
今後検討される方は参考にして頂ければと思います。

まず、GAEの元々のアカウントでログインすると、以下のように頭に、
「All yoshidumi.co.jp applications>>」
と言うリンクが追加されます。(もうyoshidumi.co.jpとかアカウント名はわかる人はわかるので隠しません)

GAEの見慣れたメニュー画面



ここをクリックすると、以下のように追加されたアプリ一覧が出てきます。(さすがに顧客名の部分はマスクしてあります)

プレミアアカウント画面!
こちら、日本では弊社社員しか(恐らくGoogle社員でもすごく少数)見たことのない画面の筈です。

メニューには、
・Applications
・Settings
・Approvals

と出て来ます。
・Applicationsは上記の画面でリンクがあるだけで、普通の一覧と特に変わりありません。
・Settings は単純に管理者を誰にするか?と言う設定が出来ますが、恐らくApprovalsを出来るかどうかの違いぐらいしか現時点では意味がありません。
・Approvals は既存のアプリを移行する際に、承認を求められます。その承認待ちの一覧が出てきます。

以上で、ほんっとシンプルなものです。

さて、後は何が変わったかと言うと。
・ドメインのメンバがGAEのアプリを登録するときは自動的にこの中に入る。
なので、自動的にPremierアカウント管理になり、恐らく、アプリ作成の数に上限が無い。と思われます。
・課金設定が出来ない
これはすぐに治ると思いますが、現時点では課金設定が制限出来ず、無制限で使い放題になります。
なので、うちの社員は勝手にアプリを作成して、無制限に使い放題の状態です。これはちょっと不味い。。人数多い会社さんだと無法地帯です。気をつけましょう。


以上、如何でしたでしょうか。
今後問題発生時のサポート対応の状況など、公開可能な範囲でレポート等して参ります。

2011-10-26

スマセル

採用を劇的に簡素化する新サービス、スマセルを始めました。

昨今、採用担当者の負担が増えて来ています。
募集をすると数多くの人が応募して来ます。
そこには2つ要因があり、一つはもちろん不況でよりよい職を皆探していると言う点。
もう一つは応募にかかるコストが激減していることです。
メールで履歴書を送るだけと言う応募の仕方が大量に増えている状況です。
ですので一人の求職者が応募する先がこれまでの何倍にも膨れ上がっています。
これに対して、採用担当者の方は大量の履歴書をこれまで通り確認して評価・判断を下さねばなりません。

ここに、新しいサービスとして、スマセルを提案していきます。
スマセルは簡単に言ってしまうと、WEBでの採用試験です。
スマートフォンや携帯から簡単に採用試験を行えます。
これを、履歴書を送る際や応募時の前提条件にして下さい、と言う使い方に特化したサービスになります。
多数の応募者を一次フィルタリングするのに、何も、SPIや高級な試験をする必要はありませんよね?
まずは20問の一般常識的なテストを行うことで、ある程度二項分布に従ったフィルタリングが可能になります。
自社に必要である可能性のある人をそこからまずざっくりと抽出することで、
履歴書を評価する手間を省いて下さい、と言うものです。

もちろん履歴書を入手してしまうとその管理も必要になりますので、その手間、シュレッダーする手間も少なくて済みます。

また、20問とは言え、弁別力の高い問題を集めた高品質な問題群からなりますので、高得点を取った方はそれなりに優秀である可能性の高い方です。得点を客観的な評価の指標の一つとして後段の面接等での評価の助けにも利用出来るものです。

現在キャンペーン中で、1,000ライセンス10万円(1ライセンスあたり100円)で提供しております。
定期的に大量の採用を行なっている企業様がいらっしゃいましたら、是非ご紹介下さい。

2011-10-13

【中小企業の導入ご担当者様向け Google Appsで始めるスマートフォンビジネス活用セミナー】

10月11日に開催いたしました、
【中小企業の導入後担当者様向け GoogleAppsで始めるスマートフォン活用セミナー】
おかげさまで、盛況のうちに終了いたしました!
ご参加くださいました皆様、ありがとうござました。

今回のセミナーは人数を100名様で予定していたんですが、
それを上回るご応募を頂きまして、
やはりGoogleApps(クラウド)とスマートフォンの時代が来ているんだなあと改めて感じました。

さて、残念ながらお越しいただけなかった方のためにも、
簡単にですがセミナーの内容や雰囲気をご紹介をさせていただこうと思います。

まずアジェンダはこちらです。


第一部:ビジネスを変え、コスト削減を実現するGoogleApps
講演者:グーグル株式会社 エンタープライズ部門オンラインセールス&オペレーションセールススペシャリスト 矢野圭一郎様

第二部:スマートフォンからのGoogleApps徹底活用術
講演者:吉積情報株式会社 取締役 秋田晴通

第三部:マネージドサービスで実現する企業のスマートフォン管理
講演者:丸紅テレコム株式会社 伊藤 真人様


という流れで行いました。


それではまずGoogle株式会社矢野様の講演からご紹介します。



矢野様には、GoogleAppsの説明や背景からご紹介いただき、Googleのクラウドに対する考え方も教えていただけた講演でした。
モバイルで仕事をしている割合のグラフ(国別)も見せていただきましたが、
日本と米国はグラフを見れば一目瞭然で抜きん出ていました。
デモや講演を通じて、GoogleAppsは個人の成果ではなくチームのためにあるソリューションであるということを皆様にお分かりいただけたのではないでしょうか。


続いて弊社のセミナーです。


実際にGoogleAppsをスマートフォンで使ってみるというデモ形式のセミナーを行いました。

このようにモニター2面に別々の映像を映して講演いたしました。

向かって右の画面が、実際に指で動かしている様子です。
これはアンドロイドのタブレットなんですが、
もちろんスマートフォンでも同じようにご利用いただくことが出来ます。



GoogleAppsは、場所も時間もデバイスも選ばないクラウドソリューションですので
こうやってスマートフォンなどからアクセスしていただくことで、さらに快適に使いこなすことができるということがお伝えできたと思います。


最後は丸紅テレコム株式会社 伊藤様の講演でした。

スマートフォンの背景、ニーズなど基本的な内容から
実際に企業に導入するにあたっての問題や解決方法などを
お話いただきました。


GoogleAppsをスマートフォンで利用する魅力やメリットを
以上3つの講演から皆様にご紹介いたしました。

皆様のおかげで本当に大盛況のセミナーとなりました。
再度セミナーを開催する際にも、
このBlogやTwitterでもご案内を致しますので
皆様ぜひご参加ください!

2011-09-09

6周年記念パーティ


先日9月6日に弊社も無事6周年を迎える事が出来ました。
現在社員12名。バイトも入れるともう少しですが。
色々逆境もありましたが、何とか楽しくやってこれたと思います。
今後も楽しく、面白い事を巧く早くやって行きたいと思います。

ちょっとだけその様子をご紹介します。
今回は聖路加ガーデンの一番上の所を借りてやりました。お金無いんですけども。。。
こんな感じ。もっと後ろもあって広かった
右を見るとこんな感じに
最後に全員でパシャリです

因みに、この中でも社員と共有しましたが、今年度は大きく、
・ダイビング媒体でのNo1を獲る
・Googleトータルソリューション企業としての地位を確立する
の2点を目指す事にしております。

今後も皆様宜しくお願い致します。


2011-09-06

中小企業の導入ご担当者様向けGoogle Appsで始めるスマートフォンビジネス活用セミナー

来る10月11日に、丸紅テレコム株式会社様と共催セミナーを行うことが決定致しました。

詳細は以下の通りとなっております。


中小企業の導入ご担当者様向けGoogle Appsで始めるスマートフォンビジネス活用セミナー

 世界中で300万社が導入しているGoogle Appsと爆発的な普及を見せるスマートフォン。ビジネスにおける注目度は、どちらもここ一年で急激に高まって来ており、これらをビジネスに活用したいとお考えの企業様も、日に日に増加してきております。
 今回のセミナーでは、Google Appsとスマートフォンのビジネス活用を検討されている中小企業の導入ご担当者様向けに、Google Appsとスマートフォンの各種最新機能をデモを交えながらご説明いたします。また、実際にスマートフォン端末をお使い頂いて理解を深めながら、企業導入を成功させるために知っておきたいポイントをご紹介します。


対象:GoogleAppsとスマートフォンの導入を検討されている中小企業の情報システム、総務、経営企画のご担当者様。また、競合他社企業様の本セミナーへのご登録はお断りさせていただいております。

定員:100名

共催:グーグル株式会社、丸紅テレコム株式会社、吉積情報株式会社

日時:2011年10月11日(火) 15:00~17:30

場所グーグル株式会社 東京オフィス (東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー)

費用:無料


(1)「ビジネスを変え、コスト削減を実現する Google Apps」45分(15:00 - 15:45)
講演者 :グーグル株式会社 エンタープライズ部門オンラインセールス&オペレーションセールススペシャリスト 矢野圭一郎様
講演内容:Google Apps は、従来型のメール、グループウェアのコストを大幅に削減するだけでなく、様々な業務革新をもたらします。本セッションでは、Google Apps の概要についてデモを交えてご紹介します。

(2)「スマートフォンからのGoogle Apps 徹底活用術」30分(15:45 - 16:15)
講演者 :吉積情報株式会社 取締役 秋田晴通
講演内容:スマートフォンからGoogle Appsを活用するいう観点で、デモを交えてどんなことができるのかをご説明します。ユーザーの視点から、メール、カレンダー、マップ、ドキュメントなどの機能の活用方法を紹介します。また、管理者の視点から、Google Appsによるスマートフォン端末の管理方法を紹介します。

(3)「マネージドサービスで実現する企業のスマートフォン管理」45分(16:25 - 17:10)
講演者 :丸紅テレコムご担当者様
講演内容:スマートフォンの企業導入を成功させる上で、注意すべきポイントを説明します。
・法人市場におけるスマートフォンの普及について
・丸紅テレコムマネージドサービスについて
・事例紹介

(4)質疑応答 20分(17:10-17:30)



お申し込みはこちらから

皆様のお越しをお待ちしております!


2011-08-01

「クラウド・Facebookのビジネス活用」セミナー

 先月、このブログでもご案内致しておりました、「クラウド・Facebookのビジネス活用」という株式会社エバーコネクトさんとの共催セミナーを、7月29日に東京国際フォーラムで開催致しました。

 当日は雨という悪天候でしたが、多くの方にご来場いただき無事に終えることができました。
お越しくださった皆様、お忙しい中誠にありがとうございました。

 さて、当日の様子をご紹介致します。


 セミナーでは、Google Appsに関しての説明を行いました。
こちらが弊社のセミナーの様子です。
(前回に引き続き、非常に見づらい写真になっております。申し訳ありません。)

セミナーが始まったところです。


デモンストレーション開始です。ここからドキュメント作成を開始します。

先日のGoogle Enterprise Day 2011の中でGoogle Enterpriseグローバルセールス&ビジネスデベロプメント担当副社長のアミット・シング氏が使った言葉を紹介しています。


 Google Appsの基本的なツールの紹介から現在のクラウドの流れ、弊社の導入事例などをご説明させていただきました。このようなご紹介を通して、Google Appsがさまざまな会社様のビジネスにマッチするクラウドサービスであるということが皆様にご理解いただけたのではないかと思います。

 デモンストレーションでは、離れた場所にいる人同士がドキュメントを共有し編集できることを、2人でひとつのシートを完成させてご覧頂きました。
 このようなグラフを同時に作成、編集致しました


その後の質疑応答でも、複数のご質問を頂き、成功を実感いたしました。

弊社のセミナーが終わりますと、株式会社エバーコネクトさんのセミナーが行われました。

 内容はFacebookやtwitterなどのSNSをビジネスにどう活用するかというもので、
私自身も一来場者として聞き入ってしまいました。
facebookでは、クーポンを使ったマーケティングが出来たりするそうで、これは全く知らなかったので私個人のfacebookでも見てみようと思いました。また私が弊社のtwitterでもよく呟いておりますGoogle+の機能の紹介もありました。このようにエバーコネクトさんのセミナーも内容が満載で非常に勉強になりました。SNSマーケティングにおける効果や注意もありましたが、「まずはやってみる!」という言葉が印象的でした。

 さて今回は先日のセミナーの様子をご紹介させて頂きましたが、
またセミナーを開催する際も、こちらでご案内致しますので、
ぜひご参加ください。