ラベル 社長日誌 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 社長日誌 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017-04-07

GCPのパートナーサイトで唯一のプレミアパートナーです!


やりました。個人的な見解ですが。
2017/04/07時点で、以下の通り、日本において唯一のプレミアサービスパートナーです。
Googleのパートナーページ上、間違い無い状態です!
「GCP パートナー」で検索するか、こちらから確認ください。


これから大幅に伸びるGCPにおけるNo1パートナーと認めて頂けたことなので、非常にありがたいことです。
一応2016年のパートナーアワードというのも頂いてますし。
今後、頑張って行きますので、皆様応援のほどよろしくお願い致します。




2017-03-07

GCPのプレミアパートナーに認定されました!


2017年3月1日を持って、我がクラウドエース社はGCP(Google Cloud Platform)のプレミアパートナーに認定頂きました。



現時点では(恐らく)日本で初かつ唯一のGCPプレミアパートナーです。
これもお客様・パートナー・社員の皆さんのご協力のお陰です。

正式なプレスリリースは以下を。
https://www.cloud-ace.jp/pages/cloudace-gcp-premier-partner/

2014年6月にクラウドエース事業部を吉積情報で立ち上げてから2年半以上経過しました。
2014年中は正直ほとんど売れなかったです。皆さん見てるだけーという状態で、本当に泣きそうでした。全く売れないのに営業活動はするはマーケティングもするわで大赤字でした。ただ、この頃からしっかりGCPの良さや最新情報、裾のを広げるということをとにかく意識してWeb上のコンテンツを充実させたり、GCPUGのユーザ会を拡大させることに注力したり、書籍を書いたり、とにかく出来ることはなんでもやりました。
2015年に入っても未だ「Googleもクラウドやってるの?」という扱いが多く、Windowショッピングが続きました。とは言え、流石にやってきたかいが少しづつは見えてきた所でした。ただ、ビジネスとしてものになるレベルかというと正直ちょっと。。。というレベルでした。
2016年からやっと、ちゃんと認知されたものが売れるようになってきて、11月についに東京リージョンが出来たことで一気に加速した、というような印象です。
そこに合わせて分社化をしっかりしつつ、他の営業についてもガッツリ力を入れてきたことが今回の認定に繋がったのだと考えております。

GCPのプレミアパートナーになったのは、まだまだ通過点に過ぎないと考えております。
むしろ未だ出発点に近い位で。
まだまだ日本市場でGCPの位置づけは圧倒的に小さいので、今後より一層拡大し、機械学習含めた存在感を出すために日本No1を継続(現状は1位と想定)していけるよう頑張って行きますので、皆様ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

また、ちなみに、現在GCP Next参加のため4名でサンフランシスコ入りしておりますので、
現地からGCPの状況等も報告出来る範囲でして行ければと思います。

2017-01-03

2017年個人目標


2017年の個人目標です。一部会社にも関係することもありますが。。

1.体重70キロ以下
12月31日に計測した段階で84.9Kと過去最高記録を更新してしまいました。。。
今年は改めて、本気で体重減に取り組みます。

2.体脂肪率18%
同じく31日に計測した段階で27%でした。。。これも恐らく過去最高記録です。
18%を目標に頑張ります。

具体的に上記2つの目標を達成するために、ジム(ティップネス)に入ります。勿論食事制限もある程度しつつではありますが、土日のどちらかは朝必ず行く、平日も何処かで1回は行く、というのを基本にし、手ぶらで行けるようレンタルも駆使してハードルを下げます!
最初の1ヶ月はパーソナルトレーナーも付けます。

3.ベンチプレス70キロ、スクワット120キロ、105キロ
ちょっと目標設定合ってるかどうか分かりませんが、ビッグスリーと言われるもので目標値を設定してモチベーションにします。合計300キロって方が面白いかも知れないですが。ちょっと最初に測定してみて、ここは目標値をパーソナルトレーナーと相談して決めます。プロテインも購入しました。

4.1ヶ月2時間の自部屋の掃除・断捨離
必ず毎月最低2時間は時間を見つけてちょっとづつでも片付けて行きたいと思います。毎月出来たかどうか記録します。

5.会社・自宅の書籍・漫画の全自炊化
裁断機を買うか、代行サービスを使うか要検討ですが、書籍類を基本一掃しようと思います。やはりカバンに本入れてても中々読めない。Kindle等の方が圧倒的に便利。燃えちゃうしね。ちょっと会社としての目標にも一部なってしまうかも知れませんが。。。

6.Google系資格の取得
Googleのアーキテクトやその他新資格はクラウドに関する技術については全て取得していきます。

7.新しい何かにトライする
ちょっと何かを具体的に決められて無いですが、ボルダリングとかやってみたいとか、船舶の免許を撮り損ねてるのを再度取るとか、何かこれまでにやったこと無いことをやりたいなと思ってます。

8.ヴォルティスの試合10試合以上観戦に行く
昨年は恐らくですが7,8回行ってると思うのですが、今年は10試合を目標に行きます!

以上、色々ありますがメインはジム通いですね。夏までにムキムキになってみせます!

2017-01-02

新年の抱負2017

■昨年の振り返り

昨年後半はものすごい多忙のため、半年以上更新が滞ってしまってました。。。もう少し何らか更新するよう頑張ります。
6件中達成は1件ということで17%です。昨年に引き続き1件しか達成出来てません。。。残念です。
昨年はクラウドエースの分社化&代表降任という過去最大規模の大きな出来事がありました。今後クラウドエースの代表としてクラウドエースに注力してがっつり伸ばしてい行くつもりですが、一応、吉積情報グループとしての振り返りをしてみたいと思います。


>・GCPの売上世界No1

これは一昨年からの引き続きですが残念ながら未達です。取り敢えずベストリセラー賞は頂いたので、リセラーとしては日本でトップクラスの地位を築けたものと思います。次は世界での受賞を目指します!


>・売上2.2億!人員17名!

これは概ね達成したものと思います。退職者もありましたが、入社も数名ありましたので。売上自体はクラウドエースでの売上が3倍増、業務システム開発も受注こなせないほどあり、Cmosyは若干増にとどまりましたが、ガッツリ右肩上がりになってます。


>・Cmosyの売上3千万円

ちょっとこれは達成出来ませんでした。おもったより伸びがよく無いです。1千万位でしょうか。


○マーケティング目標

>・書籍の発売4冊

頑張りましたが、1冊しか出せませんでした。残りは執筆中のまま1年経過してしまいました。。。
東京リージョンが出て早く執筆しなければなのですが、何とか書き切ります。


>・apps-gcpのPV10万/月(11月か12月想定)

これも全然到達出来ませんでした。。年初からのPVで3倍程度は達成出来たのですが、全然未達です。何とか10万目指して頑張ります。

○社内向け目標

>・社員の平均給与15%アップ

社員だけで言って11%の平均給与アップを行いましたが、惜しい所まで行きましたが15%には届きませんでした。今後も含めて考えるとなかなか新入社員の割合も増える(人員増加)ことを考えると中々難しいかも知れません。とは言え引き続き平均給与アップは目指して行きます。

■2017年のクラウドエースでの目標

さて、また気をとり直してクラウドエース社としての今年の目標を改めて立てて行きます。
クラウドエースは12月で1期が終了しました。今月から2期目になります。いずれにせよクラウドエース事業としては昨年対比も出来るのでそれを見ながら最低昨年の月対比で3倍をキープするよう月次目標を作って行く想定です。
今年も昨年と引き続き、売上・マーケティング・内部、の3つのくくりで整理します。


○売上目標

・GCPの売上世界No1

これは今年も継続しておきます。Nextには4名参加し、来年に向けた決意を皆で誓いたいと思います。


・単体売上2.0億!人員15名!

今年も恐らくですが上述の世界NO1を達成するには売上2億じゃちょっと足りないかもと思われますが。再度現実的な目標としていれておきます。これは必達です。人員はクラウドエース単体で前半は毎月2-3名程度を目標に増やして行きます。恐らく今年中には引っ越しをする必要に迫られるかなと思います。


・CAP30社!CAPでの売上5千万!

CAP2017を立ち上げましたが、今年実際に実のある取り組みにしていく必要がありますので、しっかりパートナー間での売上が立つように回していきたいと考えております。

○マーケティング目標

・書籍の発売3冊

これは現在共同も含めて執筆中が2冊あるので、後1冊追加するだけなので、まぁ何とか頑張ってやって行きます。って昨年とほぼ一緒なのですが。。。。


・apps-gcp+cloud-ace.jpで合計のPV10万/月(10月目標)

昨年1年間でapps-gcpは1万弱から2万超まで倍増は達成出来ました。現状CAの本体サイトで4,5万PV程度なので、倍増弱くらいで達成出来る見込みです。apps-gcpで5万PVを目標、cloud-ace.jpで7万PVを目標に据えて両方倍増近くを狙い、目標としては10万という事で行きたいと考えてます。出来れば10月迄に達成して11月のクラウドエースの1周年に間に合わせたいなと考えてます。


・シリーズAの実施

これはマーケティングなのかどうか微妙ですが、クラウドエースとしては次期調達を年内早々には実現する想定です。しっかりした調達を行い、今年来年の成長の起爆剤としたいと思います。それ次第では大幅な目標上方修正もありえると考えてます。


○社内向け目標

・グループ社内満足度調査の実施と年内での向上

クラウドエースの社員は年内に20名弱まで増やす想定をしてますが、来年も引き続き増やしていく想定をしてます。社員満足度を向上させ、退職率の低下と在籍年数の増加をしっかりやっていきたいと思います。


以上、恒例の企業目標設定です。
ここ数年実現率が相当低いですが、今年こそはしっかりやっていきます。


個人としての目標はまた別途設定し、個人・会社ともに今年は定期的に定点観測をするつもりです。
今年は4,7,10月にスケジュールをもう入れて置きました!頑張ります。


2016-05-11

他の追随を許さない5つのGCPの優位性

本文章は、5 Unique Features Of Google Compute Engine That No IaaS Provider Could Matchの要約・まとめです。

5つの点において、他のIaaSベンダでは追従出来ないGCEの強みについて書かれています。

圧倒的に違う5つというのは
1.サステインユースディスカウント
2.プリエンプティブルVM
3.カスタムVMサイズ
4.オンラインディスクリサイズ
5.シェアードストレージ

の5点のようです。
1年半前に私が超約した「AWSよりGoogle Compute Engineを選びたくなる10の理由」からすると5だけが被っている感じですね。他の4つについてはこの2015年以降に追加された機能なので仕方ない点もあるでしょう。でも他も今でも当てはまる強みの部分は多いのですが。それについてはまた。

では、それぞれ見て行きましょう。

1.サステインユースディスカウント(Sustained use discount)
GoogleのCompute Engine(IaaS)は、月間の利用時間に応じて割引されます。AWSでは事前にコミットして前払金を支払うことで安くなる仕組みがあったり、AWSでは12ヶ月コミットすると5%割引するようですが。Googleは事前のコミットは必要無く、月間の利用時間が長くなれば長くなるほど単価が安くなる、という仕組みを取ってます。
上記のような形で最終的に1ヶ月まるまる使うと30%オフになるという形です。
クラウドの良さを最も活かすためにはやはり事前コミット等で縛られるのでは無いでしょうというのがGoogleの主張しているところです。これは基本的な投資との関係になるので、そう簡単に他のクラウド会社が追随出来ることでは無いのでしょう。

価格の詳細はGCEのPricingページを参照ください。


2.プリエンプティブルVM(Preemptible VM)
次に凄いのはプリエンプティブルVMです。これもサステインユースディスカウントと同じ考え方で、利用率を最大化するためのものです。
Amazonは2009年にスポットインスタンスというのをリリースしました。これは、需要と供給に応じて自動的に価格が決まるというもので、単価を指定して入札してサーバを起動し、需要が増えて指定した単価を供給価格が上回ると自動的に停止する、というものです。その場合再度起動しようとすると価格を上げないと起動しません。
GoogleのプリエンプティブルVMも停止される点については同じですが、Google都合で突然停止する可能性があるのと24時間以上は起動し続けないという点を了承するだけで70%引きでサーバを利用出来るというものです。要は1000円の単価のサーバを300円で使えるということです。
EC2との違いは何かというと、EC2は入札価格を常に意識して管理・対応する必要があるということです。常に変わる供給価格に対して、入札価格をいくらにすることで安定的に処理が継続出来るのか、それを意識する必要があります。Googleでは固定価格なので、その点が大きく違います。Googleの方が一般的な利用としては利用しやすいのでは無いでしょうか。


3.カスタムVMサイズ
オンプレミスからクラウドに移行するときに必要な作業として、どのインスタンスタイプを使うのか、というのが非常に面倒な作業としてあります。Amazonでは40以上のインスタンスタイプが6つのファミリーに区分されており、この中からフィットするインスタンスタイプを選ぶのは非常に手間がかかりますし、そのガイドは非常にプアなものです。
Azureも同様で29インスタンスが4つのカテゴリに分かれてます。どれが良いのかわからない。

Googleでは1-32コアのCPUに対して、1コアあたり最大6.5GBのメモリを割り当てる設定を個別に行うことが可能です。必要なリソースを必要なだけ指定してサーバインスタンスを立ち上げることが出来るのです。
IBMのSoftlayerを除くと他にカスタムVMを提供しているベンダはありません。1のサステインユース割引や2のプリエンプティブルVMと組み合わせて使うことで非常に高い顧客満足を与えられることでしょう。

4.オンラインディスクリサイズ
次にディスクの特徴についてです。クラウドのメリットとしてはやはりスケールを素早く変更出来ることがあります。VMについても追加のサーバを立ち上げるのも落とすのも一瞬ですしコストは使っている分だけです。ただ、CPUやメモリの追加等は再起動が必要です。
ディスクのストレージについても柔軟に変更は可能ですが、やはり落として再起動する必要があります。
しかし、これは私も驚いたのですが、GCEのPersistentディスクはオンラインでサイズ拡張が可能です。これはスナップショットを取ってバックアップしたり、ディスクを追加でアタッチしたりという作業では無く、リサイズコマンド一発です。あとはOSレベルでの拡張等は必要なのですが、非常に簡単です。私が書いた記事がありますので、是非そちらを参考に試してみて頂ければと思います。
これは全く凄い技術で他のクラウドプロバイダでは提供出来ないものです。

5.シェアードストレージ
これは1年半前に書いた記事の時からある利点なのですが、GoogleのPersistentディスクは上記のようにオンラインでリサイズ出来ることだけでも凄いのですが、複数のインスタンスでアタッチ・マウントすることが可能です。残念ながら現時点では読み込み専用の場合のみですが。
AWSとAzureには共有ファイルサービスがありますが、これは性能的に満足の行くものではありません。
GCEでは読み込み専用でもオンプレで今まで出来ていたいろいろなことが便利に実現出来ることでしょう。例えば、大規模なデータを事前にロードした状態で複数のVMに一度に展開出来る点です。
読み書き可能なディスクとしては、GoogleがGlusterFileSystemをGCEに持ち込むためにRedhatと協業してますので、こちらを実装することでNFSのような高速共有ファイルサーバは実現可能です。

以上、他のクラウドベンダに追随を許さない5つのGCPの優位性を簡単にまとめて見ました。
Googleクラウドは今年東京リージョンのオープンを控え、上り調子です。GCPの導入実績No1のクラウドエースに是非ご相談ください。

IT Expo2016春の会場にて。



2016-04-01

GCP Next 2016 行って来ました!日本リージョン発表!



GCP Next 2016に参加して来ました。サンフランシスコのPier48という倉庫で開催された初のGCPの本格的イベントです。
その前々週にはTeamWorkというGoogleのイベントでまたラスベガスに行ってたので、時差ボケやら羽田と成田を間違えたりやらで大変でした。
そんな話はさておき。

GCP NextはこれまでGoogle I/Oという形で開発者向けの発表会の中で一緒にやってた所が、ちょっと層が違うよね(インフラエンジニアとアプリエンジニア)ということで別に分けたイベントにしようと言うことで昨年軽く小さめに初めて、今年大規模に世界中から集めて始めたものです。

大きなポイントは3つです。

1.本気の展開
2.日本!日本!日本!データセンター
3.機械学習と大規模データ


会場入ってすぐの様子
エキスパートに聞け!とかトレーニング用の端末とかが奥にあったりしました。

1.本気の展開

VMWareの創設メンバであるDiane Greeneを連れて来てもちろん喋ったり、突然Alphabet会長のEric Schmidtが登場してカンペを見ながらも惹きつける話をしたり。(多分直前まで予定が決まらずスケジュールに入れられなかったのかな)それらから伺えるのはとにかくクラウドに本気だ、ということ。Alphabetとしての昨年の投資額は100億ドルを超えると言われ、更に今年も2割増しでそのほとんどがデータセンターへの投資ということだそうで。
Googleは本気で広告の会社からクラウドの会社になろうとしている。我々もGoogleが世界No1クラウドになることを信じて進みたいと思います。


2.日本!日本!日本!データセンター

上記、本気でなると言う証拠の手始めに、データセンタ展開計画が出てきた。
まずはなんといっても待望の日本リージョン!もうすぐβが使えるようになるようだ。夏には正式オープンするということなので、非常に期待している。オレゴンも同時に。
さらに本気の証拠に10以上が来年に掛けて順次オープンして行くらしい。追い切れないし使い切れない。うちは日本があればそれで幸せ。大阪もまぁあってもいいかもね。とにかくGAEを持ってきてくれとお願いして来た。
また、データセンタの内部を公開する動画が出てきた。これは非常に楽しいのでぜひ見て欲しい。

これらからも分かりますが、このレベルの設備をセキュアに運用するノウハウと規模はもう個別にやってくのは無理だと思いますよね。
まず、本格的にクラウドベンダ化を進めて行く上で、ベースとなるデータセンタには非常に投資をしている。データセンタからいちから設計・開発しているベンダは他に無いでしょう。

3.機械学習と大規模データ


基本的にGoogleは我々にインフラを意識しないで開発して欲しいと思っているようです。
その中で新たに機械学習のSpeech APIやGoogle Brain等新しい基本となるサービスを開発者に提供して来てます。大規模データの処理にも悩まなくて良い、と。普通に皆が必要とする箇所は全てGoogleがやってくれて、イノベーティブな部分だけをやってくれと。そういった各種Bigデータ処理の基盤やらが整ったのでさぁ使ってくれと。我々はこれをいち早く使いこなし、自分たちのアプリを展開しつつ、同じような人たちのお手伝いをしていこうと思います。


最後に

実は、まぁ大体の内容は事前に色々な所で聞いてしまっており、新しい内容はほぼ無かったです。今更そこ言う?みたいな基本的な話も数多くありました。が、GCP Next2016はGoogleがクラウドに本気で乗り出してるんだよ、と言う最初のフェーズとして、改めて強みを整理して正式に発表しなおした。という所かなと思います。

GoogleのGCPにかける本気具合が垣間見れましたので、これから日本で盛大にGCPを盛り上げて行きたいと思います。


最後、おまけですが、一日目終了時のパーティの様子の写真です。











2016-01-02

新年の抱負2016


昨年も当社とお付き合い、ご協力頂いた皆様誠にありがとうございました。
昨年のざっくりとした振り返りとしてはGCPを広めるために全力を尽くしたけども、
営業的な結果はついて来なかったなぁ、というところと。
システム開発を新規で取るには既存ベンダの抵抗が大きいなぁと言う所でした。

前者はどうしても時間がかかる部分があるのと、これもIaaSとかだと丁度のタイミングで声をかけないとなかなか載せ替えインセンティブが無い事が見込み客をつかむのがウチのような小企業では難しいなと感じている部分です。マーケティング的にはある程度成功していると思いますので、その知名度から何とか幾つか実績が出来てきたなぁと言う所ですので、引き続き少しづつでもしっかりと要望に答えてGCPを使って頂けるようにしていこうと思います。
後者については以前からありましたが、昨年は当社にわざわざお声がけ頂き、提案としては高評価を頂いたにも関わらず、既存ベンダさんの抵抗らしきものにあい失注するというのが繰り返されました。これは手間だけ掛かってしまって結果仕事につながらないということで非常に手痛いケースですが、なかなか特効薬が無いなぁと感じてます。
もう少し要件分析時点で事前にお話をしておくことも必要7日なぁ、という感じです。

とは言え、CloudAce、GCP自体の知名度は昨年一気に広がり、今年のビジネスチャンス拡大は確実と言えますし、Cmosyは相当広まって行ってますのでこちらもビジネスチャンス拡大してます。また、昨年幾つか仕込んだ大型案件が今年頭にいくつも確定して行くので、それによっては大変忙しい年になることが見えて来ており、楽しみな年であります。

さて、翻った目標達成自体はかなり散々でめちゃめちゃ残念かつ恥ずかしいのですが。
やらないわけには行かないと言うことで昨年の振り返りをしたいと思います。

■昨年の振り返り

本当にかなり、、、ですが。7件中達成は1件ということで13%です。

>・GCPの売上世界No1

全然ダメでしたね。大きく出ていたという所もありましたが。しかし、もう少し上手くやっていれば何とかなったのかもと。。。難しいです。

>・売上2億!人員20名!

これは3年連続同じだったのですが、達成出来そうにありません。
人員の一時19名になりましたが、その後3名退職があり、現在16名です。
GCPの売上世界一になるなら当然達成されるべき数字だったのですが。。。
非常に残念です。

>・書籍の発売2冊

これもゼロ冊で全く未達です。1冊は改訂版の予定でしたがそちらは大人の事情で無理だったのですが、もう一冊は頑張れば出来た目標でした。アカンです。
これはとにかく頑張れば達成出来るものなので、、頑張ります。

>・定常の粗利を30%に

クラウドエースの売上が結局粗利を生み出す構造になるまでまだまだ時間が掛かりそうで、達成出来ずでした。。

>・スマセルの黒字化

これも、定常的に入ってくる筈の売上が立たず、達成出来ずでした。流れとしては大学を評価したり、教育制度も変革の時期になっているので、上手く取り組めば面白い流れが作り出せると思うのですが。。。

>・ダイビング事業の単体黒字化

これも、達成出来ませんでした。担当者の退職もあり、難しいかったです。

>・新規事業の立ちあげ2件

これだけ、ですかね、達成出来たのは。一応3件、クモシーGoogjobおひねりの起ち上げは実施しました。単事業としての収益化は未だ先ですが。
クモシーはCmosyとしてCloud Movie Systemで商標も取り、日テレさんにも採用が決まり、新年早々には更にキー局での採用が進みそうという勢いです。
Googjobもお声がけした企業様からは皆賛同を頂き着実に求人は増えている状況になってます。


■2016年の目標

気をとり直して今年の目標を何とかやって行きます。今年は目標は絞って行きます。3つのくくりで売上・マーケティング・内部、の3つのくくりで整理します。

○売上目標

・GCPの売上世界No1

これは継続しておきます。マーケティング的には昨年一年で日本におけるリーディングカンパニーとしての位置づけにはなったと思います。次は何としても、営業的に今年1年で圧倒的な実績を作りたいと考えております。それに向けて細かい目標を幾つか設定して行きます。

・売上2.2億!人員17名!

上述の世界NO1を達成するには売上2.5億じゃちょっと足りないのですが。現実的な目標としていれておきます。これは必達です。人員は1名増やすくらいで給与水準を上げる方に回そうと考えてます。

・Cmosyの売上3千万円

年内に月額400万くらいを目指したいと考えてます。クラウドでの動画共有・管理の仕組みとしてのデファクトスタンダードを目指すので、

○マーケティング目標

・書籍の発売4冊

これは現在共同も含めて執筆中が3冊あるので、後1冊追加するだけなので、まぁ何とか頑張ってやって行きます。

・apps-gcpのPV10万/月(11月か12月想定)

技術系の記事をもっと盛り上げるのと、リニューアルを組み合わせ、10万PV/月を目指します。現状1万弱ですので10倍強ですが、十分達成出来る想定です。

○社内向け目標

・社員の平均給与15%アップ

粗利を達成してから次は、という予定でしたが今年中にはCloudAce,Cmosyで利益が出せるようになるはずなので、なるべく早くこの程度は実現したいと思います。


今年は新規事業起ち上げは一旦封印します。POCレベルでの機械学習をメインに研究開発投資は行いますが、それ以外は昨年2件予定が3件起ち上げてしまった事業の黒字化を頑張って行きたいと思います。

以上、本年の目標になります。
昨年は目標未達が非常に多かったので、今年は全部達成することを目標にしっかり毎月見返して進めて行くようにしたいと思います。




2015-09-06

吉積情報創立10周年

本日2015年9月6日、吉積情報は創立10周年を迎えました。
これもひとえに、ご愛顧頂いているお客様、協力頂いているパートナー様、従業員の皆様のお陰でございます。本当に心から感謝しております。

一昨日には、記念パーティを行いまして、80名の皆様に参加頂きました。
手作り感満載のパーティでしたが、楽しんで貰えたのではないかと思います。
参加頂いた皆様と作り上げてくれた従業員の皆さんありがとうございました。


さて、せっかくの区切りですので、改めて吉積情報のこの10年を私なりに振り返ってみようと思います。

1.黎明期(2005年〜2007年)

2005年7月にアクセンチュアを退職し、ぷらぷらしてたら古沢さんから「プロジェクトを手伝え」と言われ、手伝いつつ設立準備を慌てて実施、9月6日に自宅登記し、ほぼSIコンサルのみの個人事業に近い形でスタート。

2006年、自宅を四谷の若葉の一軒家に引っ越し、その地下を登記場所としてバイト等を募集しながらシステムアウトソース業務も開始。

2007年1月に秋田が第一号社員(役員)として入社。本格的にシステム開発やアウトソース業務を開始。秋田の最初の仕事はホームページ作成だったかな。
改めてブログとかも見なおしてみるとこのころのPVって未だにひと桁がパラパラとあります。秋田が数日に1回程度の頻度で書いていたのに、FBとかも無いし、シェアもされないし検索に引っかからないと全く人通りが無い、そんなブログになってました。
また2007年には第二号社員も入社し、徐々に大きくなっていきます。

2.転換期(2008年〜2009年)

2008年夏、転機となる年です。銀座の寿司屋で恒例の鮨会をハンズの長谷川さんと二人でしてた所、「GoogleApps知ってるか?」と。ちょうどたまたま面白そうだったので、SAML認証って何だろう?と言う感じで検証して自分たちでSSOを試して見てた所だったのですよね。特に仕事にするとかそういうのは考えてなくって。でもちょうどしてる!って話をしたら、じゃぁ提案してくれ、と。RFPを貰いまして。まぁまさか選択されるとは思わず、生涯初の自分がメインでの提案書を昔取った杵柄でも無い(アクセンチュア時代は提案書なんて書いた事なかった)中、一生懸命書いてみたら他を押しのけて採用された、のですね。「一番高かったけど、全部やるって言ったのはお前んとこだけやった」とのことでしたね。無茶な提案だったのかも知れません、年末の除夜の鐘を聞きながら100万リクエストとかをやってたらGoogleに怒られたのは今でも覚えてます。この年はまた人数が増えて来たので四谷から押上に引っ越しをしました。ちょうどスカイツリーがにょきにょき伸びてた頃でした。

2009年、4周年の頃は社員も8名になっており、そこそこ順調かなと思ってました。
が、この頃は未だ全然僕のコンサルとしての売上がほとんどを占めている状態の会社でした。この年度の売上は5千万円位ですが、恐らく3千万位僕の売上でしたね。
2009年以降徐々に人も増え、GoogleAppsの販売やその他SIの仕事が増えて行きました。が、これらの伸びは当初想定よりは全く低く、非常に苦労しました。やはりコンサルの仕事をしながら、そもそもやったことのない営業や製品開発、マーケティング等、全く幼稚なことしか出来てなかったこと、本業とは言えない売上であり方針も含めて全然ダメだったのだなと感じてます。後は多角化してダイビング事業とかも始めたのも上手く行かず、ちょっとこのあたりは正直伸び悩みの時期だったなと思います。
4周年の頃の10周年の目標は100人で10億でしたが、全く未達で残念な限りです。何とかここから加速して取り返したい。

2009年10月はまた銀座に引っ越し、もともと短期契約の予定でしたらね。

3.ドン底(2010年)

2010年は受難の年でした。6月に火災発生。けが人もなかったので良かったですが、原因も不明でしたし、これがケチのつけ始め。8月には経理担当の横領発覚、10月には一緒にAppsを立ち上げたメンバの退職、と。この時初めて一度だけ「会社を辞めたい」と取締役のメンバには相談しました。

4.停滞期(2011年〜2013年)

2011年10月、待望のGAEがSLA付きに!ここから業務システムを本格的にGAEで提案する、と言う成長・事業の柱が出来た感じがします。
ただ、伸びは非常に鈍化していた印象でした、やはりなかなか大きなシステム開発は取れないですし、それ程実績も無い中でしたのでGAE一本にも絞れず、吉積のSIで下支えしながら少しづつ無くても大丈夫な売上に本当に徐々に上げていくと言う地道な成長だった気がします。だいたい毎年1割〜2割位の売上伸び率でした。でもこの地道な努力と言うか伸びが今の転換期を支えて居るのだと思ってます。

5.転換期(2014年〜)

2014年3月、初めて売上が1億を超えました。そしてそこに吉積のコンサル売上はほとんど入ってない状態でした。また、クラウドエースを開始し、GCPに本格的に舵を切ってAWSと真っ向勝負開始になりました。
今年には、営業新卒を2名採用し、TBSさんと開発したCmosyやおひねりのひっそりとしたサービス開始等新しいサービスの展開も着々と進んでおり、GAEにおける業務システム開発も堅実に伸びてる中、一気に花開く予感がしてます。

10年と言う区切りにあたって、何も未だ成し遂げられてませんがとにかく生き残っていることには自分で自分を褒めてあげたいと思っております。
来年には11倍を達成せよとのご指示も頂いており、無謀とも思えますが、クラウドエースでIaaS市場を超拡大し、Cmosyで動画市場を席巻し、おひねりでコンシューマ向けの拡大、を行うことで夢では無いとも思います。

あらためまして、この1年、伸ばせるだけ伸ばしたいと考えておりますので、取引先・従業員の皆様のご協力を心からお願い申し上げます!





2015-08-27

クラウド化の状況と今後

久しぶりに書いてみようと思う。

最近皆周りが結婚してしまっているので、一人で飲みに行くことも多くて、
新宿の「番番」とか、一人で行ったりするのですがいい感じ。
糖質オフで、3000円でベロベロ+幸せになれる。結構希有な存在です。
全然関係無いですが。。

さて、ここ最近は仕事としていろんな所を飛び回っておりまして、社員からは冷たい目で見られてたりしますが。。。
とにかくGCP自体を広めなきゃイカンと言うことで色々やってるつもりであります。
月一では最低GCPUGのイベントでしゃべったりしてますね。
GCPUGは盛り上がって来てるのでこれを継続してやって行きたいです。来年は大きなイベントが出来ればなぁ、と。

昨今はもうクラウドにしますと言って、セキュリティ云々はあまり言われなくなって来たように思います。昨年来のShellShockやらHeartBleedやらを経験し、対応にメチャ時間と手間(コスト)がかかることと、良くみるとクラウドの方がセキュアじゃん?て言う認識がかなり広まってきたような印象を受けてます。
ただ、とは言えAWS一辺倒でGCPにはなかなか来てくれないのかなぁ、と言う印象もあります。
どうしていくのが、GCP及びクラウド業界全般に取って良いことなのか、という風な所を考えるようになって来てます。

というか、そもそも、ですが、将来的には(ほぼ)全部クラウドになるので。
そこだけは揺るがないんですよね。
未だにサーバ買う人居るの?と言う世界にほぼなって来てる。

そこでどう存在感を出すのか?だいたい、クラウドベンダの主戦場も普通にIaaSはもうあまり議論になってなくて、後は価格が一定量づつ下がっていくのかどうか?くらいで。一般に言われている非機能要件としての性能に関してはもうオンプレでは太刀打ち出来ないレベルで洗練されてしまい、これ以上語る部分がほぼ無いレベルに達してしまっている。
主戦場は今はML(機械学習)なのかなと思う。これをどううまく活用してビジネスにつなげていくのか?を考えて実践する会社が今後伸びる会社なんだろうなぁ、と。
クラウド化に二の足を踏んでる企業は2周遅れ位の感覚ですね。
MLについてはでもウチもあまり手を打てて無いので、これからちょっと考えて行きたいなと思ってます。Googleがまぁ年末位には新しいMLのサービスを出してくれるんでしょう、と期待しつつ。


2015-05-09

Google Apps Certified Deployment Specialist合格2015年


やりました!
今年はもうダメかと、思ってましたが、一応一夜漬けで少し勉強したのですが。
ちょっとモチベーション的にも低かったので、どうかなぁと思ってました。
でも、なんとかなりました。
150分のテストを1時間以上残して提出しました。自信満点というよりかは、もう知らないものは知らないし。。。というレベルで半ば諦めて出したのですが。
意外と多分こうじゃろう、と思ったのが結構当たったのか、ギリギリだったのか両方かわかりませんが。。なんとかなりました。

一応、日本で最初に取得し、最も長く継続しているというのを維持できたかなと思います。おそらく明日が延長期限。。。前回は当日というギリギリの状況でしたが。
Googleの資格マニアとして今後も精進してまいります。

Google Apps Cerfified Deployment Specialist合格

ちなみに、1.5年前は結構頑張った模様。あの時もChrome for Businessがわからなかったんだなぁ。。今回も同じようにNotes系とかChrome for Workはわからなかったな。。。


2015-04-24

GCPの盛り上がりについて

皆さん、GCPしてますか?

相当久しぶりです。今年の目標から丸3ヶ月更新出来てませんでした。。
目標がかなり達成が厳しい状況になってきており、かなりテコ入れが必要なんだろうなと思ってます。。。

さて、ここ最近のGCP関連での国内出張が多発してました。
3月には、沖縄でGCPUG実施、そのまま福岡でAWS,Azure,GCPの勉強会に登壇
4月にも福岡でGCPUG実施、静岡のお客様にGCPの説明に伺う。

5月は岡山、大阪、東京(第二回)と開催予定があり、東京の第二階は
以下のリンクからですが、200名の所にもう188名応募が来てます。
https://atnd.org/events/64511

もうすぐキャンセル待になることでしょう。
皆様お早めにお申し込みをオススメします。

また、当社のクラウドエースと言うサイトですが、昨年の6月からオープンしてます。
で、昨年11月にリニューアルしてから一気にアクセスが伸びはじめまして、
昨年12月のころの週間ユーザ数からすると現在8倍位になってます。
こんな綺麗な右肩上がりなかなか見れないなぁー、と言う位。
ほんと、これからが楽しみです。

そう言えば、後、弊社に4月から2名新卒の営業が入社してくれました。
フレッシュな風を吹き込んで欲しいものです。
いずれもクラウドエースをメインとした営業活動をやってもらいます。
既にガンガンテレアポなど含めて活躍してくれてます。
うまく波に乗ってくれるといいなと。

あ、あと、GCP(GCE)でWordpressを公開するためのデモを以下に公開してあります。
もしご興味があれば、是非試してみてください。超カンタンに数分でWordpressインストール出来ます。
https://github.com/gcpug/gcp-demos

取り留めもなくいくつか書いてみましたが、今後月1以上は書くぞ、と思ってます。


しかし、WindowsのGAはいつされるんだろう。。。やるやる詐欺やんか、と。もうI/O迄待つしかないのかなぁ。。。

2015-01-04

新年の抱負2015


旧年中は皆様お世話になりました。

昨年の大きな出来事としてはGCPの日本での本格的起ち上げに合わせて、KCCSさんとともにクラウドエースを起ち上げました。また、それに合わせてGCP入門という書籍の出版、GoogleAtmosphereへの出展、InterBEEでの講演とマーケティング的には非常に充実した一年でした。
クラウドエースは当社の次期基幹事業の一つになるものですので、本年も引き続き全面に押し出して行く予定です。

さて、早速恒例の昨年の目標のふりかえり、今年の目標を記載したいと思います。

■去年の目標の振り返り

・GCP(Google Cloud Platform)の業務システム開発No1の座を確固たるものにする!

>昨年のGoogleのクラウドプラットフォームの拡張に伴い、目標を少し大きくしました。
>GAEについてはほぼほぼ固い状態になってきたこともありますし、そちらを確固たる状態>にするたみにも、
>GCP全体としてのサポート体制は必須と思います。
>GCEについても事業として立ちあげ、AWSからの移行サービスも立ちあげます。
現状で、GCPにおける販売では完全にリーディングカンパニーになってると思いますので、まずは一旦達成ということで良いかなと思います。
昨年はBooBoクラウドの件等、テレビ業界の方とも幾つかお付き合いが出来てますし。

・売上2億!人員20名!

>これは昨年と同じになってしまいましたが、今年はある程度固いレベルで持っていく予定>です。
現状17名です。売上もギリギリ達成出来てませんね。
2年連続で未達になってしまいました。なかなか数字を作る所は苦戦してます。

・定常の粗利を30%に

>保守、ライセンス売上が現状相当低いため、経常が安定しない状態が続いてます。
>来年末までにはそのぐらいになるように持って行きたいと思います。
>そのためには、既存顧客を大事にしつつ、繋吉の拡販と保守を頂ける開発を取ることを優>先して行きます。
これも未達ですね。売上がやはり2億の予算達成に満たなかった所が大きいです。
特にクラウドエースはまだまだ伸びが足りず、計画を大幅未達になってます。

・スマセルの黒字化

>これは上記にも関連しますが、進学コム事業がうまく行かないことにはこれまでの投資も>無駄になってしまうので、
>何としてもスマセルの黒字化を必達します。
これも未達です。が、日本教育基準協会の起ち上げにより徐々に盛り上がって来ており、大学奨学金ガイドがそこそこ好評ですので、何とか上向きにはなってきているかなと思います。

・ダイビング事業の単体黒字化

>引き続き、です。
今年もいろいろ新規で起ち上げたのですが、なかなかうまく行きません。

・新規事業の立ちあげ

>新規でスポーツ関連で事業立ちあげを考えてます。
>今年はこちらをやりたいので、一旦飲食は諦めます。
>来年こそは飲食を始められるように頑張りたい。。。。
これは、スポーツ関連が立ち上がりませんでしたが、クラウドエースは新規事業同然なので新規事業立ち上げたということでOKでしょう。

結局2/6しか達成出来てないという惨敗具合です。。。
それなりに努力したつもりでしたが、未だ全然足りないようです。頑張ります。

■本年の目標

・GCPの売上世界No1

GoogleCloudPlatformにおける売上で世界No1を目指します!ちょっとここは大きく出てる部分もありますが、真面目に達成可能な範囲と思ってます。

・売上2億!人員20名!

これは3年連続になってしまうので、上記の目標とは一致しませんが、手堅くいっときます。(本当は3億と行きたい所ですが。。。)

・書籍の発売2冊

昨年出したGCP入門の改訂版と、GAEの開発における書籍を出したいと計画してます。

・定常の粗利を30%に

これも継続になりますが、クラウドエースでの売上が定着すれば十分可能かと思います。

・スマセルの黒字化

これも継続ですが、今年こそは日本教育基準協会からの売上が定常的に入ってくる予定になってますので、何とかなりそうな見込みです。

・ダイビング事業の単体黒字化

引き続き、です。何とかシーパスによるオンライン学習でのCカード取得を日本に定着させたい。

・新規事業の立ちあげ2件

これも継続ですが、これは確実に今年二件実施します。スポーツ関連とBooBoクラウド関連です。
飲食はまた今年は厳しいですね。来年持ち越しか。。

今年は、「クラウドエース」「GAE業務システム開発」「新規事業」の3本を柱に「繋吉」サービスの拡販とサービス追加により足元を固めるという形で成長して行く予定です。
特に新規事業の中でもテレビ・映像共有関連のソリューションを展開することで、映像業界に打って出る考えですので、こちらを何とか形にして行きたいと考えてます。

以上、昨年の振り返りと本年の抱負になります。
引き続き、お付き合い頂けている皆様と共に成長して行ければと思いますので、何卒ご協力の程、よろしくお願い致します。

2014-10-23

ポジティブとネガティブと楽観的と悲観的


久しぶりにGCPとか関係無い話します。珍しく長文です。

最近、半期面談祭りをやってます。
弊社では半期に一度、社員が希望する人と面談出来る機会を設けてます。
或る程度フランクにもしたいので、一緒に食事に行ったりして話し込んだりします。

やっぱり皆いろんなことを考えてて、いろんな話が出来るので非常に良い機会になります。
最近、表記の話が面白かったし、自分としても考えさせられたので書いてみます。

ポジティブシンキングとか、ネガティブシンキングとかって言葉あると思いますが。

ポジティブと楽観的って同じ意味で使ってないですか?


先日、話をしてふと思ったのですが、全然違うんですよね。


例えば、事業をやる上で言われることとしては、


「ポジティブ(肯定的)に計画して、悲観的に実施せよ」


ってのは絶対格言としてどっかにあると思うんですよね。いや、聞いたことがあるかどうかは別として、誰か絶対言ってる筈!ってレベルで。僕としては。

ポジティブに考えないと、まず事業とか、新しいことって始まらないです。
でも、楽観的に考えてると事業とか、物事って絶対失敗します。

そういう意味では、一応9年事業をやって来てる自分としては。
自分はパッと見では、楽観的と見られることが多いように思いますが、実は内面的には非常に悲観的な部分があると思います。

当然自分の仕事に関しては絶対の自信を持ってお出ししますが、常にダメかも、失敗するかも、問題があるかも、というのは繰り返し自分に問うてそれでも大丈夫と思ってから出します。ただ、そのサイクルは非常に短いし周りから見ると考えてるのかよ?と思うような感じかも知れませんが、あまりに繰り返しやり過ぎてるので、おそらく非常に高速に結論が出るようになってしまっているのだと思います。
自信を持って出すには、そこにNGを出されるようなことには耐えられないので、その分の準備は絶対的にやるような性質を身につけているように自分では思います。

事業を9年やれてるからこうだと言うのはおこがましいですが、やっぱり楽観的に考える性質でやってくというのは相当無理があるように思います。
逆にポジティブシンキングでは無いと、事業は始められて無いです。


じゃぁ、ポジティブ(ネガティブ)と楽観的(悲観的)とかの違いって何?って話ですが。
これもこの機会に考えて見ました。
自分なりの考えですが。

ポジティブと楽観的ってでも全然違うんですよね。これ、語尾とかを繋げてみると分かるのかなと思ってやってみると。

肯定的な意見はありますが、楽観的意見、って無いですよね。
楽観的って感情論ですよね。あまり深く考えて無いっていうか。

ポジティブ【ネガティブ】(に) → 考える
楽観的【悲観的】(に) → 感じる

でないかな、と。
ポジティブと楽観的とかの違いって、自分の意見(見方)なのか、感情なのか、の違いじゃ無いかなと。

ポジティブに考える・捉える、ってのはその事象・人・物の、良い面を捉えるというか、過大評価する、ということなのだと思うんですよね。そのマイナス面と比べて。そこには絶対的に自分の指標というか、考えが入ってて、マイナス面との比較をして、判断している、と。
逆に楽観的に感じるとかってのは、あんまり考えて無くて、感じるがままに、ということかなと思うんです。ポワッと、リスクとかはあまり意識してなくて、良い面しかそもそも感じてないというか。。。

悲観的に考えるってあまりしないと思うのですが、どうなんでしょ?これは僕だけなのかも。悲観するって、感情論でしか無い気がするので。ネガティブシンキングは分かりますが。

ネガティブに(頭では)考え・判断して、あまり良く無いかもと思いながら、でも実際はどうせ成功するだろう!みたいな感じで始めた事業、成功する訳無いですよね?

これ、本当にもったいない。事業だろうが、プロジェクトだろうが、もっと小さい習い事とか、何でも一緒だと思うんだけど。やったら楽しいに違い無い!と判断して期待しながらやって、でも失敗するかもと心配しながらやることで成功率を上げる。結果うまくイッた方が皆絶対幸せなので。
肯定的に考えて始めた企画を悲観的に感じて、必要なフォロー、成功に必要なことをする。というのが絶対的に良い筈なんです。

で、これって恐らく、僕のようにもともとそういう考えの人以外は、プロセスのどっかでシフトチェンジする必要があって、計画段階ではポジティブに考えつつ、実行段階では悲観的に考える必要があるのだろうと思います。

なのですごく難しいことかも知れませんが、みんなが是非そういう考えになってくれると世の中色々良くなるんでないかなぁ、と思います。言い過ぎですかね?


最後に、こんな話をすること自体は絶対的に肯定的に考えてますが、
こんな拙い文章で伝わったのかどうかを考えると非常に悲観的になっている自分が居ます。。。


「ポジティブ(肯定的)に計画して、悲観的に実施せよ」




2014-09-25

LINE乗っ取り犯との攻防-全公開

全くおちゃらけ投稿です。すみません。
自分、LINE乗っ取り犯からの連絡はこれで5人目だったのですが、今回は少し時間があったので、ちょっと本気でいじってみました。

来た!!はやる気持ちを抑え、平静を装いつつ、iTunes自体はフリーソフトだよと言うツッコミから入ります。TADAはハヤってしまって打ち間違えた!

ちょっと体調を気遣って見ただけなのに、諦めが早い!待て待て。

追いかけて明日行く意志を見せたのですが、いまいまと欲しがるので、電車で移動すると伝えて少し時間稼ぎ。
この間、どういじるか考えて。

売り切れだったことにしてみる。ここででも他のカードを買えという指示には移らないのは少し不思議。
(一旦手で外してから撮影、すみませんお店のかた。一応1500円のはイジる用に購入したので許してください。)
こっから、なんと退出されるとPC版からはスレッドが見えなくなってたので、携帯のスクリーンショットに移ります。

田舎で時間がかかると言う設定にして、健気に別の駅に移動してまで対応するという意志を見せる!


いいです、とか諦め出したので、まだ追いかける!頑張るから、まぁ待て、と。
で、丁度30分後くらいに、1500円のしかなかったということにして、先ほど購入済のカードを見せて引っ張る。


金無いって言ってんのに。

20枚とは。3万円というノルマでもあるのでしょうか。
このあたりから、関西弁スタンプでちょっとふざけ出す。


関西弁スタンプがハマります。
スグ諦めるので、また写真を出して引っ張る。


開けるの意味が分からないふりに、何故か写真で応答してくる。


開けるの指示を貰えると思って回答したのだけど。。ちょっと仕事で手を離してるウチにフィニッシュ。最後に悲しみスタンプを送ってくるなんて、かわいいじゃないか!やはり釣りが1500円では弱かったか。。

手で数字を適当にランダムのを送ってみたり、先に使ってから写真upするとか色々考えてたのに、残念。。。。
次回また来たら今度はどうやってからかって見ようかなぁ、、、全部関西弁スタンプで返して見るとかかなぁ。


2014-09-19

ブラウズ時間と回数を記録するツールを作ってみた


ChromeExtensionで、ブラウズしたページと時間を記録するツール(BrowseLogger(仮))を作成してみました。(集計はBigQueryにて)
約1ヶ月間程度自分のブラウザの挙動をロギングしたものです。(アクセス回数のトップ20)
恥ずかしいですが、公開します。

見事にトップ10の8割がgoogleですね。ちょっと以外だったのが、回数がdocsの方が多かったことです。
で、当然のようにmailの時間が圧倒的ですね。plusがfacebookを上回っているのが結構凄いかも。
ハングアウトでチャットしている時間が多かったのだと思いますが。



結構順当な結果ですねぇ。
当時丁度提案で必要だったのでサテライトさんのサイトが入ってたり、面白い。
sitesそんなにみてたような覚えがあまりないのですがねぇ。

ちなみに、これを取得するクエリはこんな感じです。

SELECT UserId, domain, count(*) kaisuu, sum(time)/1000/3600 sumtime 
FROM [tsunayoshi.bl] 
where UserId = "ayatoshi@yoshidumi.co.jp" 
Group by UserId, domain 
Order by kaisuu desc LIMIT 20;
4,5秒で結果帰ります。

これ、後は月次くらいで定期的に取得してどんな推移になるのか、調べて行けたら面白いなぁと思います。
そのうち繋吉シリーズとして製品化したいと思います。


2014-06-19

スカイボックスの未来

以下の記事のように、米スカイボックスがGoogleに買収されました。
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303838604579627461249397026

さて、この影響ですが、記事の通り僕も非常に大きなものになる予感があります。
インターネットが知識の共有化を図るものだったと思うのですが、その上に地球上のリアルタイムの全ての上空画像が合わさる形になる、ということになる、と。。

これは相当ヤバイことになりそうです。戦国時代であればあらゆる大名が欲しがるというか、これがあれば100戦危うからずでしょう。なにせ、数キロ先から敵の動向が見えとるわけですから、半端ないです。まぁもうこれを黒田官兵衛が持ってれば全戦全勝でしょう!

インターネットが出てきた時の利用想定は実際はパソコン通信の中で過小評価されてた時代があったと思いますが、それに近い話もあるかも知れません。

例えば、株価で言うと本当に各社の発表前にこの情報が漏れることによって折込済の価格になる可能性とかがあります。小売の来場客数とかって意味では、RFIDやセンサー系の技術による小売業自身の把握だけではなく、それと同じか早く概算ででも方向性が出てしまう世の中になるってことだと思います。これらの情報にアクセスしやすいインフラとしてのGCPを押している我々としては非常に興味のある所です。Tangoプロジェクトと、この宇宙からの位置情報の組み合わせに関しては非常に大きな可能性を感じざるを得ないです。

楽しみです。GCPとのつながり含め、これから弊社は最先端のGoogleのシステム開発にこだわって行きます!

あ、結局スカイボックスにはそれ程触れてないけど。。。





2014-05-13

ChromeBookの使用感

chromebook pixel


G.W.前後は ChromeBook Pixel (3月にGoogleから貰った)のみで過ごして、その後VAIOが無料で修理されて外観新品になって帰って来たのでWindowsに戻って1週間、の所感です。

以下の点以外にはやはり特にChromeBookでの不自由感は無い。
-暗号化ファイル
 エクセルの暗号化もZipの暗号化もどちらも結構厳しい。顧客とファイルやり取りするには若干致命傷。
-Skype,Lineアプリ
 まぁ、これもその程度とは言え、他の人に皆切り替えてくれと言えないと厳しい。
-IMEがおかしくなる
 これはChromeでも同じなのですが、、何故か日本語変換が無効になってしまい、復帰しない。復帰方法はブラウザのアドレスバーに一度移動するとIMEが有効になり、また戻ると復帰している。コマンド操作の問題では無い。

逆に言うともう上記だけ、ということも言える。

むしろ、以下の点はChromeBookの方が優れていると感じた。
-早い
 やはりブラウジングとかは早いし、起動も早い。
-ウィルスソフトが動作しない
 あれ、うざいですよねやはり。Update時に再起動必要だし。
-オフライン性能
 GoogleDriveのオフライン性能は圧倒的にChromeBookの方が良いです。PC版だとオフラインで動くのはほんの僅かだけど、ChromeBookは開いたこと無いファイルとかでも意外とオフラインで開けたりする。

後、ちょっと困ったけどすぐ解決したこと。
-モニタの接続
 1200円でこれ買っちゃえば全然OKでした。
    Cable Matters 金メッキコネクタ搭載 Mini DisplayPort | Thunderbolt オス → VGA メス 変換アダプタ(ホワイト)  

-解像度
 以前の10月くらいのOSだと解像度が1048×800くらい?だったのですが、それ以降のどこかのアップデートで解像度をあげられるようになったみたいで、それなりに快適な解像度で表示可能です。
-右クリック
 これは誰でも知ってたことかも知れませんが、二本指

微妙にちょっと困ること。
-閉じた時の充電
 これはかなり個人的な話ですが、自分の携帯の補助電源としてPCを使ってますが、画面を閉じると、基本電源オフになるのですよね。VAIOだと、閉じても充電だけ出来るポートがあるので。


現状としては、オフライン性能の部分のメリットは結構大きくて。Skypeと暗号化ファイルの解決策が出来たら、メインをChromeBookにするってのもかなりの選択肢になりそう。
後、自分はあまり必要無いけど、開発系とか、マルチブラウザでの検証とかって用途ではやはりちょっと未だ。

2014-04-14

インターネット広告がテレビを抜いた日

いつかいつかと言われてましたが、ついに来ましたね。

ついに米国のインターネット広告市場がテレビを上回った:歴史的な1枚のグラフと2つのポイント



テレビ、意外とでも僕は未だそこそこ見てますけどね。元々かなりテレビっ子なので。
飯食いながらとか、ながらではインターネットは未だしづらいので、テレビの方が楽ですよね。正直あまりおもしろくないけど。。

GoogleGlassなどのウェアラブルデバイスが出てくると、どんどん視聴時間が増えるんでしょうね。
そのうち夢の中でCMが打てるようになるとか、なりそうな気がします。

将来的に、コンピュータは4つとかに集約されると言う話があった時に、あらゆる機能がインターネット越しに提供されるとすると、メディアとしての機能もその4つに集約されるとするとちょっと怖いなぁと言う気もします。
どこか何か日本企業が入り込める余地を作り出したいものです。

2014-03-11

最近のGCP周りのイベント参加


ここ2,3週でGoogle関連(Google Cloud Platform周り)で海外出張が続きました。
いずれも機密保持の関係上詳しいことはかけないのですが、大丈夫そうな部分だけ書きます。

まず、2月17日週は、Googleのクラウドプラットフォームのトレーニングで台北に。
丸々1週間で、GAE,GCS,GSQL,GCE,BigQueryと盛りだくさんのトレーニングでした。
今まで余り使ってなかった部分は試せて思ったより簡単にできるなぁ、と言う感想と。
使ってた部分も全般的な学びはしてなかったので、それらの補完にもなり、より万全になりました。

その他101に登ったり、懐かしのデカジョッキの店を探せたりで大満足の台北出張でありました。
Googleのオフィスが入っている101(台湾では「イーリンイー」と発音)


先週の3月3日週は、GooglePartnerSummit2014に参加しにサンフランシスコに行っておりました。
実はこのブログもその帰りの機上で書いております。
こちらは世界から1000人近いパートナーが集まるイベントで、昨年から開催だそうです。
私は今年はCloudPlatformでの参加だったのですが、かなり海外では盛り上がっているようで、
日本もこれに追いつけるよう頑張って盛り上げて行かねばとひしひしと感じました。
ちょっとびっくりしたのが、JAPACでのCloudPlatformでのパートナーアワードってのに、
ノミネートされまして。
特に気にせず、貰ったPixcelでメールの処理とかをしてたら、いきなり「Yoshidumi」とか呼ばれまして。
びっくりしましたー。
受賞はされませんでしたが、まぁ頑張れってことなんでしょうね。
来年は受賞出来るよう、頑張って参ります。


また、びっくりしたのが、サンフランシスコで東急ハンズの長谷川さんとお会いしたことです。
FBで着いたーとか書いたら、「あれ?一緒の便だった?」とか送られて来て。
どうやらIT研修とやらで来てたみたいで、偶然の遭遇でせっかくなので調整して飯食って来ました。
有名な蟹の店ですが、ダウンタウンの方の店だったのですが、やはりハズレの方にある本店の方が若干美味しかった気がします。
自分の舌が慣れてしまったのかも知れないので、またI/Oの時に行って、味を確認してみようかと思います。


パートナーサミット終わったら、台北で受けたトレーニングのテストを受ける締め切りが金曜迄だったので、
他の方々はみなさん観光されてたところ、ホテルに缶詰になってテストを受けまくりました。
無事、テストと名の付くものは得意なので、全部受かりまして。
以下の全てを名乗って良さそう(?)になりました。
・Google App Engine Qualified Developer
・Google Cloud Storage Qualified Developer
・Google Compute Engine Qualified Developer
・Google BigQuery Qualified Developer
・Google Cloud SQL Qualified Developer
めでたい。
これを持っている日本人もほぼ(この1,2週でとっている人が)初ですね。
特にGoogleAppsのCertified Deployment Specialystを持っている人なんか、
世界中探してもほぼ居ないんでなかろうか。当分出てこなさそうな気がします。。。
社長がこんなことやっとる場合かと言う話があるかも知れないけど。。
しかし、英語の試験は苦労しますです。

さて、次の海外はまたI/Oでサンフランシスコかなぁ。ブラジル行きたいなぁ。。。

ちょっと取り留めもありませんが。近況報告でした。
各種影響あり、色々作業が滞っているので、頑張っております。


2014-01-28

GoogleAppsと業務システムと


最近営業とかに行くとで話題になるのが、GoogleApps及びGoogleソリューションを活用するアイディアって何だろう?という話です。
ちなみに、オチ無いです。。。

以下の観点からそのあたりのソリューションと言うか、具体例とかが求められているように思います。

・GoogleAppsの販売側の観点
 GoogleApps単体での販売ではGoogleApps販売会社間での差別化がしづらくなっていることと、さらなるGoogleならでは感を出したいと言うこと。

・GoogleApps導入済企業の観点
 GoogleAppsの利用をもっと促進したい、Google周りのソリューションをもっと活かしたい、けどいろいろ出来るんだろうけど何が出来るのか分からない。

・弊社のようなGoogleソリューションの提供ベンダの観点
 何でも作れるんだけど、具体的に営業をがっつりまわるだけの顧客に刺さるソリューションが無いと面展開しては売りづらい。

それぞれのステークホルダーが皆必要性を感じては居るのですが、明確に『これ』という解が無いように思います。
突き詰めると結局ASPやパッケージvsカスタムソリューションの話になってしまうようにも思うのですが、このクラウド時代、もう少しスマートな提案が出来ないものか正直、苦慮してます。
マーケットプレイス上に商品を並べて、組み合わせの提案だけする。とかってのが簡単に出来るとそれもひとつの手かなとは思うのですが、どうでしょうか。。。

取り敢えず目の前のソリューション提案や、普及活動をしっかりやって行きつつ、上記をスパッと解消するアイディアが何か無いものかと日々模索しています。
オチなくてすみません。